10/27(土)~12/16(日)描かれた西郷どん展
~アート、文学、サブカルから~

img181027_main

「描かれた西郷どん展」のチラシはこちらから(PDF) >>

市制55周年記念 北九州市立文学館第27回特別企画展
描かれた西郷どん展~アート、文学、サブカルから~

来る!西郷(せご)どん、北九州へ‼

明治維新から150年、2018年の大河ドラマの主人公は、西郷隆盛です。
西郷隆盛(西郷どん)は、徳川幕府を倒し維新を成し遂げた中心人物ですが、その肖像写真は一枚も残っておらず、素顔は謎に包まれています。

本展では、西郷どんを描いた肖像画や錦絵、文学、漫画、身近な商品パッケージ、キャラクターなど、さまざまなジャンルの西郷どんのイメージをたどります。そこには、当時あるいは後世の人々が西郷どんに託した思いや願望が色濃く反映されているようです。

この機会に、しばし彼の人となりに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。
展示作品の作者不詳の肖像画、林真理子作「西郷どん!」の原稿などを通じて読み解き、それぞれの心に〈私の西郷どん像〉が浮かび上がってくるかもしれません。

img181027_1▲作者不詳「西郷南洲翁像」鹿児島市立美術館蔵

img181027_2▲永島孟斎「西郷涅槃像」鹿児島市立美術館蔵

img181027_4▲上)林真理子「西郷どん!」原稿 個人蔵 下)日高建男「西郷どん!」第1巻原画 個人蔵

「描かれた西郷どん展」のチラシはこちらから(PDF) >>

描かれた西郷どん展

会期 2018年10月27日(土)~12月16日(日)
開館時間 9:30~18:00(入館は17:30まで)
2018年10月27日は開会式のため展示室入場は10:30から
会場 北九州市立文学館(〒803-0813 北九州市小倉北区城内4-1)
    TEL 093-571-1505/FAX 093-571-1525
休館日 月曜日
観覧料 一般¥700/中高生¥200/小学生¥100
詳細はこちら 北九州市立文学館

関連イベント
開会記念講話「錦絵のなかの『西郷どん』」

・講師 生住昌大さん(北九州市立大学准教授)
日時 2018年10月27日(土)11:00~12:00
会場 北九州市立文学館
申込み不要
・詳細はこちら 北九州市立文学館

文学講座「西郷隆盛の漢詩と人生―敬天愛人の志」(全2回)

・講師 林田愼之助さん(神戸女子大学名誉教授)
・日時 ①2018年11月10日(土) ②2018年12月15日(土) 各回13:30~15:00
・会場 北九州市立文学館
・定員 50人
・申込み 2018年10月17日(水)から電話受付(093-571-1505
・詳細はこちら 北九州市立文学館

中園ミホさん記念トーク

・日時 2018年11月24日(土)13:30~15:00
会場 北九州市立男女共同参画センター・ムーブ ホール
定員 500人
申込み 往復はがきに住所、氏名、電話番号、同伴者の氏名を明記し、北九州市立文学館「トークライブ係」まで。1枚につき2人まで申込可能。11月5日(月)必着
・詳細はこちら 北九州市立文学館

img181027_6

中園ミホ Miho NAKAZONO(脚本家)

東京生まれ。88年に脚本家としてデビュー。『For You』『Age,35 恋しくて』『やまとなでしこ』『anego』『ナサケの女~国税局査察官~』『トットてれび』など、テレビドラマを中心に数多くの作品を執筆する。07年に『ハケンの品格』が放送文化基金賞と橋田賞を、13年には『はつ恋』『Doctor-X 外科医・大門未知子』で向田邦子賞と橋田賞を受賞。14年はNHK連続テレビ小説『花子とアン』を執筆、高視聴率を記録するなど話題となる。2018年は大河ドラマ『西郷どん』の脚本を担当。新著エッセイに『ぐーたら女の成功術』(文藝春秋)。

コラボメニュー

img181027_7

期間中、隣接するカフェ・ラポール中央図書館に鹿児島特産品をテーマにした特別メニューが登場します!

 

 

 

お問合せ

北九州市立文学館
〒803-0813 北九州市小倉北区城内4-1
TEL 093-571-1505/FAX 093-571-1525

written by 編集部