長寿の国、香港【前編】

今回は、世界一の長寿国としての香港をご案内したいと思います。

あれ?長寿国といえば日本じゃないの?と思われるかもしれません。

実は香港は2017年に日本を抜いて世界一の長寿国になったのです!

adult-affection-baby-302083 (1)

以下の表は、2017年12月にWorld Economic Forumというスイスの機関が発表した長寿国の世界ランキングです。※1長寿ランキング2017

 

 

上位のどの国も、平均寿命に大きな差はありません。世界は全体としては、やはり長寿化していると言えます。

 

今回はなぜ香港が長寿国になれたのか、その秘密を探っていきたいと思います。香港人の長生きの秘訣とは何か、独断と偏見ですが、いくつかご紹介しましょう。

 

・国が狭い

香港の国面積は1,104km2で、分かりやすく例えると東京23区の約2倍の面積しかありません。※2

面積が小さいので、何かあった時にすぐに駆けつけられ、万が一を防げているかもしれません。

 

・メイドさん

以前のコラムでお話したと思いますが、香港は夫婦共働きが当たり前の国です。そのため、多くの家庭にはメイドさんがおり、子供だけでなくご年配の方のお世話もしてくれます。

介助付きではあるものの、外出をしている高齢者は多く、車椅子でお出かけしている様子をよく見かけます。

高級レストランでお洒落をして食事を楽しんだり、ローカルな飲茶の店で友達と大声でおしゃべりしたり、カフェで犬とゆっくりしたり、公園でのんびり散歩したり・・・いくつになっても、充実した毎日を過ごせているのは秘訣かもしれませんね。

 

・太極拳

香港のおじいさん、おばあさんは早起きです。

朝7時くらいに公園やちょっとした広場に行くと、太極拳をしていたり音楽に合わせて体を動かしている様子をよく見ます。

適度な運動は身体に良いといいます。とにかく動くことによって健康管理に繋がっているようです。

 

・食べ物

香港人は、冷たいものをあまり食べません。とても暑い夏でも暖かい飲み物や温かいデザートを好んで食べます。これは、東洋医学からきている知恵で体を冷やさないためだそうです。

また、広東料理にはツバメの巣やアワビ、フカヒレなどの高級食材から蛇スープや亀ゼリーなど日本になじみのないメニューがあります。

お肌をピカピカにしてくれたり、体を温めてくれたり、解毒作用があったりといいことづくしの食材ばかりです。

体を温めて、毎日の食事から病気になりにくい身体を作っているということですね。

 

・漢方

病気予防の意味を込めて日常的に漢方薬を煎じて飲んでいます。

香港の漢方専門医では、都度カウンセリングをして、その人、その時にあった漢方を処方してくれます。毎日飲んで、病気になりにくい体を作っているのですね。ちなみに、旅行者でも処方してもらえます。

 

・自己管理

これも前のコラムでご紹介しましたが、香港には健康保険や年金がありません。そのため、病気になった際の自己負担がものすごく大きいです。更に仕事もできないとなると、とても困難な生活が待っていることになります。そうならないために、若いときから病気にならないよう、日々の生活を心がけます。その結果が長寿に繋がっているのではないでしょうか。

 

香港は、昔から「医食同源」の考えが根付いており、自然と毎日の食事や生活で健康な体が作られていたのですね。

長寿の秘訣、是非みなさんも試してみて下さい。

 

※1 文献:World Economic Forum (最終閲覧日20181022日)

Global Competitiveness index 2017-2018-Competitiveness Rankings」より

http://reports.weforum.org/global-competitiveness-index-2017-2018/competitiveness-rankings/#series=LIFEEXPECT

 

※2 文献:ウィキペディア(最終閲覧日2018年10月23日)

「香港」よりhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E6%B8%AF

 


このコラムを書いた人は・・・

hasegawaCIO長谷川 建一
Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank (NWB/ニッポン・ウエルス・リミテッド), CIO
NWBは、香港金融管理局より、銀行ライセンス(a Restricted Licence Bank)を認可された金融機関です

京都大学卒、MBA(神戸大学)。 シティバンクグループ日本及びニューヨーク本店にて資金証券部門の要職を歴任後、シティバンク日本のリテール部門やプライベートバンク部門で活躍。 2004年末、東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)に移籍し、リテール部門マーケティング責任者、2009年からは国際部門でアジア・リテール戦略を担い、2010年は香港にてBTMUウエルスマネージメント事業の立ち上げに従事。 2013年にはNWBを創業し、COOに就き、20173月よりCIOを務める。