読者からのおたより Reader’s COLUMN

肌寒くなり、食べ物もお酒もさらに美味しく感じる季節ですね。
今回は、一人でもふらっと立ち寄れる、読者さんおすすめのお店について聞きました。

お題1 飲み会や会食のあと、最後にふらりと一人で寄れるあなたのお店を教えて。

img18winter_otayori_1

●小倉だと、「クロニック」という喫茶店。深夜までは営業していませんが、私は21時台に飲み会などは先に失礼するので。(さとんさん) 
●小倉北区の「タンガコーヒー」は一人でも、ゆっくりできます。(マーチさん)
「カフェシリウス」。井筒屋の近くにあり席も5席しかないのですが、イケメンオーナーと黒を基調としたシックな店内で、飲み会での喧騒や酔いを醒ましリセットするのによいお店です。(はな88さん)
●芦屋町にある、「ジョイファクトリー」はスイーツも料理も美味しいからオススメです!(さーやーさん)
●お酒は飲まないので行ったことはありませんが、大野城駅の近くにおしゃれなバーがあります。「BAR CALMKNOT」という名前です。(ジョンさん)
●舞鶴のラーメン屋「満麺屋」。から揚げとチャーハンが美味しいです。(カエデさん)
●舞鶴の「こじま」。魚が美味しい。(まりさん)

◎編/ドトールコーヒー、タリーズコーヒーがダントツでしたが、お気に入りのお店を持つ人もたくさん。なかでも、〆の一人ラーメンや、さらには一人呑み直しのお店がある人もいて素敵です。

お題2 あなたの「死ぬかと思った」絶体絶命エピソードを教えて。

img18winter_otayori_2


●崖から車ごと落ちそうになったこと。(ぴよたんさん)

◎編/意外と多かったのが、「車を運転中に崖から落ちそうになったこと」。皆さんも気をつけて!

●ニュージーランドでバンジージャンプ。一生に一度と思い切って体験しましたが…死ぬかと思うくらい怖かった。(まりさん)
●彼の存在を知らない、厳しい父が入っている家族のグループLINEに「〇〇くんと一緒にお出かけしてるよ」と間違って送ってしまったことに気がついて、死ぬかと思いました。でも、そのグループLINEにいる母と姉が揉み消そうと、いろんな話題で多くのLINEを送ってくれていて、読まれなかったようなので救われました。(がっちょんさん)

◎編/その手がありましたか! ナイスチームプレー!

●スキューバダイビングで水深20mもぐったこと。(Mimiさん)
●小学生の時、初めて渋かきを食べた時。(ゆかりさん)
●夫とドライブ中に道に迷い、断崖絶壁の道に入り込んでしまい、途方に暮れている上に雨までもが降り始め、生きた心地がしませんでした。二人で恐ろしさに震えながら、そこで一夜を過ごしました。(山ユーユーさん)
●小倉から高速に乗って、福岡の友人宅へ。途中、ガソリンスタンドへ立ち寄り、出ようとしたらスタッフの方が走ってきて、「お客様パンクしていますよー!」と。タイヤをみてもらうと中が粉々に。「今高速を走ってきたんですけど…」と言うと、「エーッ!無事で良かったですね」と驚かれました。(chii☆さん)
●中学生の時に、三井グリーンランドで「風神雷神」という立ち乗りジェットコースターに乗りました。身長が148センチで体型も細かったため、ジェットコースターが走り始めたとたん顔の横から肩にかけて装着している安全バーが動いて、安全バーより手前に顔がある状態でロックがかかってしまいました。1回転するジェットコースターなので、「落ちたら死ぬ!」と自分に言い聞かせて、ソフトテニスで鍛えた腕力で何とか安全バーにしがみつき、ことなきを得ました。(な~さん)

◎編/もはやそれは事故…。ご無事で何より!

●飛行機で羽田空港に向かい、いざ着陸となったのに再上昇して上空を旋回。原因は、前の飛行機によるバードストライクで、使用する滑走路が着陸直前で閉鎖になったからですが、アナウンスがあるまで「まさか車輪が出ないとか…?」と色々と考え、生きた心地がしなかったです。(カオリさん)

◎編/同感。学生時代に乱気流で飛行機が揺れ、機内で悲鳴が上がったことがあって以来、乗るたびに少し緊張します。便利だから乗りますけど。

written by 編集部