答えは自分が持っている

皆さん、こんにちは。

株式会社チェースアンドインクリーズの宮脇です。

 

先日、弊社の営業研修パートナー講師から

部下育成に関してすごく参考になることを教わりました。

 

次の4つの質問を考え、書き出すことで

問題に対する解決策を自ら考えることができるようになります。

 

1.問題

いま自分が抱えている問題を1つ書き出します。

例:仕事がたまってしまい、期日通りに処理できないことがある。

 

2.プラス受信

その問題と向き合って、プラス(チャンス)と思えることを3つ以上書き出します。

例:①仕事の効率化を図るチャンス、②スキルアップのチャンス、

③仕事をより深く理解するチャンス

 

3.自己責任

問題が起きた原因は自分の責任と考え、その原因を3つ以上書き出します。

例:①日々の管理ができていなかった、②業務の整理ができていなかった、

③知識・能力が不足していた

 

4.対策

問題を解決するために実行することを3つ以上書き出します。

例:①ToDoリストの徹底管理、②少し早く出社し、1日の業務整理を行う、

③優先順位を見直す

 

いかがでしょうか?

弊社でも全社員でこの4つの質問を考え、書き出し

そしてみんなの前で発表してもらいましたが、素晴らしい内容でした。

 

正直、私の管理職としての仕事はもう不要だなと思ったぐらいです。

皆様も部下・後輩と一緒に、この4つの質問を考えてみてはいかがでしょうか?

口うるさく言わなくても本人達が自ら考え行動を起こせるということが

きっと実感できると思います。

 

written by 宮脇伸二