<プラスのジンクス>

スキルス胃がんで余命宣告されてから 毎年 欠かさず 年末に近い私のお誕生日に お祝いセレモニー? をしてもらっている 最初は2006年だった 退院した翌日に 義姉が準備してくれた いちごのバースディケーキ クッキーの上に チョコで「お誕生日おめでとう」の文字 48歳分のローソクの光り そして わざわざ福岡から大阪まで来てくれた 姪たちと一緒に みんなで ♪ハッピーバースデイ♪ を歌い 私が ローソクを吹き消す 家族や医師の大方の予想では そんな誕生日のお祝いは その年で終了のはずだったけど・・・ 良い意味での 大どんでん返しが続く この行事 予想を裏切り その後も 2007年 2008年 2009年 と 4回  続いている すごい!!! 先月 お祝いしてくれた4回目のとき 本当に つくづく すごいな~って思った しみじみ 「生きてて良かった」 って これまでの 幸せな時間に あらためて心から感謝した いまや この行事は生き続ける 「プラスのジンクス」 と化し 毎年 義姉が使命のように 段取りしてくれている 年一回のお誕生日が 歩いてきた一年とこれからの一年を しっかり繋いでくれているようだ この一年も生き抜くぞ~! 年頭に掲げた 今年の目標達成のために 『決して負けない!』 ファイト~ オーーー!! p(^o^)q ☆いっこ☆
written by 編集部