<抗がん剤タキソールの副作用・・・私の場合>

抗がん剤タキソールも この2月で3クール目に入った
なので 副作用のパターンも だんだんわかってきた

3年間 シスプラチン・TS-1・カンプト・タキソール という抗がん剤をしてきて
本当に効き方も 副作用の出方も 人それぞれなんだなぁ~とつくづく感じる
ガン患者万人に一発で効く! なんて薬があればいいのに・・・

さて タキソールは案外副作用が楽な方かなって期待してたけど
やっぱり私の場合は 他の抗がん剤と同様 例外なく副作用に苦しめられている
まぁここまでくれば 「体質だ」 と諦めているのだけど

脱毛という副作用は 色々書いてきたので
それ以外の副作用について・・・

抗がん剤タキソールを点滴する前に
吐き気止めの点滴や 副作用を抑える薬を飲む
このお陰で 点滴当日は吐き気を感じる事はないので
今までに比べると いいんだけど・・・

このタキソール 詳しくは知らないが アルコールで割って
食塩水で薄めての点滴らしく (水割り??)
そのアルコール濃度は 中ジョッキ1杯程度とか?
当然 車の運転はだめで 酒気帯びか?飲酒運転での違反になるし
なによりも 危険。。。
飲んだら?・・・いや 打ったら乗るな!なのです

特に 私はお酒が得意な方ではなく
以前 頑張ってやっと小ジョッキ1杯のビールを飲めるようになったぐらいで
それも 2時間ほどかけて やっとその1杯を飲むというような具合で、、、

そんな状況なので 薬と点滴の相乗効果ですごい眠気に襲われる
よろよろになって 点滴中 必ず爆睡状態になってしまうのだ
だからいつも 2時間程の点滴があっと言う間に終わりになっている

そんなんだから 大好きな車の運転はできずに
兄貴が送り迎えをしてくれている (いつもありがとうございますm(__)m)

点滴終了後 私は 酔い?を醒ますべく
病院の1階にあるcafe shop で ソイラテと小さなデニッシュを食べて
カフェインと糖分で ボーっとしている頭の芯を 目覚めさせるようにしている
(この方法が正しいのかどうかわからないけど・・・結構スッキリしてくるのだ)

それぼど順調な点滴当日なのだが 夕方位から必ず動悸が来る
この動悸 始まると約12時間位続く
だから だいたい朝目覚める前くらいまで続いているのだ

特に寝る前ぐらいの時間が一番つらい トイレに行くのも這って行くみたいに
ハアハア言って 息が上がって立ってられないのだ
動悸については以前は怖かったけど
今は眠ってしまえばわからないので あまり気にしていない

そして翌日の夜から3日間は
極度の倦怠感と弱い吐き気が続き 動けない
それから完全復活しないまま 次の点滴の日がやってくる

それともう一つ
顔 特におでこにビッシリぶつぶつができて 治る気配なし
触るとザラザラして ホント 感じ悪い湿疹なのだ
脱毛にぶつぶつ ・・・ 容姿への副作用は精神的ダメージの方が大きい
動悸、倦怠感、吐き気 ・・・ こっちは肉体的ダメージ

今はそんな日々を送っている
毎週水曜日がタキソール点滴の日
唯一 火曜日だけがこうやって やりたい事ちょこちょこできてるって感じで
週1回の点滴を3週やって 1週休みの治療パターン
この1週休みの休薬期間 したい事が山ほどあって 時間が足りない・・・

今度は副作用が少し楽かも・・・って 毎回 希望的観測なんだけど
希望を捨てないで治療に向かっている
☆いっこ☆

written by 編集部