<絶体絶命を生き抜く スキルス胃がん余命3か月から3年半>

完成しました

『絶体絶命を生き抜く』
スキルス胃がん余命3か月から3年半

これが私の本のタイトルです
7月12日(月)から順次書店に並ぶと思います(Amazonにもでています)
詳細は出版社 書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)の下記サイトで
http://www.kankanbou.com/kankan/index.php

実は この本の表紙写真を撮るために 韓国に行ってきたんです
以前ブログでちょっとご紹介しましたが
被写体の限界を無視して
少しでも綺麗に撮ってほしい・・・(図々しいですが^_^;) との私の強い願望で・・・

出版社の社長に
「韓国に素敵な写真を撮るカメラマンがいるのよね」
「日本に呼ぶより いっそのこと行かない?」
と言われ 二つ返事で行ってきました

海外ロケ?! と称して
一週間後にはソウルに飛んでいました

ホント即決で行ってきて良かったです
この写真は韓国の芸術村のようなところで
自然の中に沢山の美術館が立ち並び
空気も良くてとても素晴らしいところでした

本格的に写真に撮られるなんてこと・・・
生まれて初めてのモデル体験は
恥ずかしいやら 緊張するやらで かなりぎこちなくて
通訳してもらいながら 頑張ってポーズとってました(^v^)
時間と共に だんだん自然な感じになってきたような・・・?

ホント 忘れられない 貴重な経験になりました

一緒に行った社長は 日本語と英語
コディネーターの方は 韓国語と日本語
カメラマンは 韓国語と英語
とグローバルな言葉が飛び交った 今回の海外ロケ
私一人が 博多弁オンリーでした ^_^; (英語の勉強もっとしておけばよかった 後悔先に立たずです)

自分の本を完成させるのが 今年一番の目標だったので
海外ロケは 目標達成の喜びに素敵な思い出を加えてくれました

本制作終盤は 夜中2時半まで原稿修正したりして
本当に思ったより大変な作業でしたが
私がスキルス胃がんになる前の 仕事で頑張ってた時のことや
闘病中のことはブログに書いた内容を中心に
ブログには載せていなかったことなども加えて
そしてこれからの事など
いや~我ながら よく頑張りました

『絶体絶命を生き抜く』 とは
私がスキルス胃がんと共存しながら生き抜いてきた事と
そして これからも生き抜くという決意
それがこのタイトルに込められています

ようやく本の発売日も決まり
書店に本が並んだら 見に行こう!って張り切っていた矢先
その時は病院のベッド上だなんて
本当に残念!!!!!

今回の入院はポータブルのDVDプレーヤーでも持ち込んで
好きな音楽と映像で 癒し環境を作ってみようかと思っています

とにかく
出版というおめでたいことを励みに
明日からの入院 負けずに頑張ってきます(^^)v
☆いっこ☆

written by 編集部