<折り鶴>

4年前 忘れられない光景がある

初めてこの病気で入院した時の事

スッゴく痩せて でもお腹は腹水でぽっこりしてて
髪の毛もほとんどなく だけど帽子もバンダナもしてなかった彼女

病棟の廊下で何度か見かけた

そのたびに彼女は鶴を折っていた

折りながら見せる、その彼女の儚げな笑顔の影

私はたまらなかった

どう受け止めたらいいのか、心がまとまらなかった

その折り鶴が、彼女の心を穏やかにしているようにも見えた

彼女が何を思い 何を背負い 受け入れようとしていたのか・・・

あの時はまだわからなかった

・・・でも、今は、 少しわかるような気がする

現実は残酷だ。そう思い知らされる時もある

だけど、その中から絞りだす生き様
私はそれを追いかける

☆いっこ☆

written by 編集部