衝撃を受ける

私はステント交換すれば、解決するかと
軽く考えていましたが

もう、ステント交換をしても無駄らしいです
癌の勢力が強く、ステントをも押しつぶす勢い

次の手は背中から直接腎臓に管を通す・・・腎ろう
QOLはかなり低下するとの事

もっと驚いたのは、私はかなり厳しい状態らしいです緩和ケア病院の話もでました

私にはあまりにも予期しない、唐突な話に思えて

はっきり言って、ショックでした

だって、腹水は溜まっているけど
いわゆる癌の痛みもなく過ごしているのに・・・

久々に泣きました

母が背中をさすってくれていました

温かかった

救われました

泣こうが喚こうが悔しがろうが 何もかわらない

人は必ず死ぬ。という事がわかっていても
動揺する

しかし、現実をしっかり受け入れる事で
次なる一歩を踏み出し、一日一日を積み重ねてきた

絶望から希望を見出だしてきた

今まで、そうやって生きてきた

これからも、スタンスは変わらない

☆いっこ☆

written by 編集部