キャリア

[変わる!働き方] 結婚・育児・介護など、事情に合わせて働く場所を選べる時代に!?

転勤制度も見直す時期か
結婚・育児・介護など、事情に合わせて働く場所を選べる時代に!?

結婚か、仕事か。相手の勤務事情に合わせ、 結婚による転居 で離職する女性たちがいまだ多い中、さらに介護や育児で自身が転勤できない人も増加傾向にある。そのため、転勤時期を選べる制度を作ったり、地域限定や店舗限定正社員制度を作るなど、転勤制度改革に取り組む企業も出てきている。またテレワークを導入し、「働く場所 会社」という概念をなくす例も。

厚労省も、勤務地などを限定した「多様な正社員」導入・運用を呼びかけるなど、社会全体が、働く人の事情に合わせた柔軟な働き方の実現へとシフトし始めている。

予想される変化

転勤の廃止・免除・見直しなど
優秀な社員の離職防止

1606_sp_02f

 

リモートワーク・在宅勤務など場所を問わない働き方
・住みたい場所に住める、地方活性化につながる
・子どもの病気や災害時でも対応が可能

1606_sp_02g

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
アンケート&モニター企画

【7/30締切り】みなさん残業してますか?働き方アンケート実施中

2017年7月14日
アヴァンティオンライン
「女性活躍」と言っても、長時間労働や休日出勤といったこれまで通りの働き方ではなかなか活躍できない状況です。先進的な企業は在宅勤務や週休3日制 …