働く女性研究所

佐々木 恵美さん/子育ても、家事も、仕事も「何でも面白がる」が基本スタンス。

佐々木 恵美さん
フリー編集者&ライター
福岡県出身。大学卒業後、出版社で地元情報誌創刊に携わる。26歳でロンドンに2年間滞在し、現地に住む日本人向け情報誌の編集者として働きつつ、日本の雑誌に寄稿。帰国後フリーライターとして働きながら、結婚・出産を経験。二人の男児のママ。

子育ても、家事も、仕事も「何でも面白がる」が基本スタンス。

今月はフリーランスで働くママを紹介。編集者・ライター歴16年の佐々木恵美さんは、福岡にいながら、全国誌の執筆依頼も舞い込む売れっ子ライター。大学卒業後、すぐに編集の仕事に就いた佐々木さんが結婚したのは30歳のとき。現在2人の男児を育てながら、自身の仕事と向き合っている。

組織に属さず、フリーランスという働き方を選んだ理由を尋ねると「いろんな人に会うのが大好きで、興味ある仕事に自分のペースで取り組めるから」との答えが返ってきた。この働き方が性に合っているそう。「家事も子どもといるのも好き。子どもが帰ってくるのを迎えられるような環境を作りたかった。仕事も続けたかったし、そんな働き方はフリーなら叶う。とりあえずやってみて、状況に応じて柔軟に変えていけばいいと思った」と振り返る。

子どもと過ごす時間は会話を大事にしている。佐々木さんが取材で聞いた話を子どもに話すこともあるのだそう。「難しいテーマ、例えば選挙の話でも子どもなりに理解できる。子ども扱いをなるべくしないようにしています」。

自称「何でも面白がるタイプ」の佐々木さん。もともと好奇心旺盛でものづくりが好きなのも手伝って、料理、DIYなど、さまざまな体験を子どもと一緒にすることを心がけている。「私が楽しそうだったら子どもも自然に楽しんでくれる。あまり構えず子育てしています」。今日も佐々木家の笑顔と会話は途切れない。

両立ポイント「自然や四季を感じる暮らし」

子どもとベランダでガーデニングをしたり、トマトやハーブを育てている。昨年は、田植え、海・川泳ぎ、焼き芋をして、クリスマスケーキやしめ縄、おせち料理を一緒に作ったそう。「自然に親しむことで、いろんなことを学べる気がします。一番楽しんでいるのは私かも」とは佐々木さん談。

働くママへの一問一答!

Q 育児書などは読む?
A 一切読まないです。仕事上見ることはありますが、自分で買って読んだことがない(笑)。唯一、いつか目にした皇后様の言葉で“「幸せな子」を育てるのではなく、どんな境遇におかれても「幸せになれる子」を育てたい”という言葉を胸に子育てしています。

Q夫や周囲のサポートは?
A 夫は育児にはとても積極的で、家事も少しずつ分担してくれるようになりました。私の自由な生き方を尊重してくれ感謝しています。また、春休みやちょっとしたとき、子どもを預かってくれる両親や友だちはありがたい存在です。

Q 子どもによく言うことは?
A どうせやるなら、全力でやること・楽しむこと」。これは私の仕事の指針でもあります。あと、何かをしてほしいとき・してほしくないときは「なんでと思う?」とクイズっぽく聞き、理由を考えさせてから説明します。納得感が大切だと思うので。

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
no image アンケートレポート

【福岡の女性たちの働く意識や転職に関する実態調査アンケート】結果が出ました!

2014年11月12日
アヴァンティオンライン
アヴァンティ女性視点研究レポートVol.32「女性たちの働き方が変わりつつある…? 【福岡の女性たちの働く意識や転職に関する実態調査アンケー …
働く女性研究所

一木 朋子さん/記事が多くの人の目に触れ広がる 「ハブ」的な役割になりたい。

2014年1月31日
アヴァンティオンライン
一木 朋子さん株式会社西日本新聞社企画事業局地域づくり事業部熊本県出身。大学卒業後『西日本新聞社』入社。佐賀総局などを経て3年前にコンテンツ …
アンケート&モニター企画

【終了】北九州市クラウドファンディング事業 ブラッシュアップサポーター募集

2016年9月30日
アヴァンティオンライン
夢の実現を目指し、 クラウドファンディングに挑戦する女性起業家のビジネスを、 本当に世の中から支持されるものへと ブラッシュアップしていく会 …
no image アンケート&モニター企画

[募集終了] みなさんのご意見で、1月号特集記事をつくっていきます(アンケート募集)

2014年11月26日
アヴァンティオンライン
アヴァンティ1月号では「企業が変わる、女性が変わる なでしこ百花繚乱(仮)」をテーマに特集記事を予定。 「女性活躍」という言葉が踊る世の中 …