FPおよつぎのマネー診断室

子育て世帯への給付金

2014年4月から消費税が上がりましたが
子育て世帯への影響を緩和する給付金
「子育て世帯臨時特例給付金」が支給されます。

対象となる方は
平成26年1月1日に平成26年1月分の
児童手当(特例給付含む)の受給者で
平成25年の所得が児童手当の所得制限にみたない方が対象です。

給付額は対象児童一人につき 1万円です。

平成26年1月1日時点の住所地の市町村で支給の申請を行います。
各自治体で、準備がととのい次第支給の案内が発送されます。

福岡市では、給付金申請の用紙が6月30日(月)に発送され
7月1日から10月1日まで申請を受け付けます。

今回の給付措置は、臨時特例として設定されたもので、支給は1回のみです。
初めての手続きですし、内容を知らないと
うっかり請求の申請を忘れてしまいがちです。

自治体によって給付金申請の時期が違いますので
HPなどで確認をしておくことをおススメします。

 

消費税が上がったことへの対策として
所得の低い方や子育て世帯に対し
「子育て世帯臨時特例給付金」「臨時福祉給付金」『2つの給付金』が設けられています。

2つの給付金の対象になるか診断チャートが準備されていますので
ご確認くださいね。http://www.2kyufu.jp/

 

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
コラム

オフィスの怪 前篇ー女の怪談 Vol.5ー

2016年11月1日
アヴァンティオンライン
咲のオフィスビルでは非常階段を使わないというルールがある。避難訓練のときでもエレベータを使うのだ。そのことの疑問を口にするとお向かいの席の沙織が指先を揃えて見ながら答える。 「道 …
コラム

18歳選挙権からわかる民主主義と情報の選択

2016年7月20日
アヴァンティオンライン
2016年7月10日参議院選挙において、選挙権年齢20歳以上から18歳以上に引き下げられてからの初めての国政選挙が実施されました。18歳、19歳の有権者数約240万人が加わった選挙 …