働く女性研究所

杉本 裕子さん/家族はチーム! 3人育児と仕事との両立のカギは、 夫も子どもも、主体的に家事に取り組む好サイクル。

杉本 裕子さん
『有限会社シモセ薬局』 薬剤師
福岡県出身。京都の総合病院薬剤師として勤務後、26歳で結婚。翌年第一子出産を機に退職。産後すぐ福岡に引越し、その1年後に大学薬学部助教に。4年の勤務の間に第二子・第三子を出産。第三子出産後、2014年に転職し現職。

家族はチーム!
3人育児と仕事との両立のカギは、 夫も子どもも、主体的に家事に取り組む好サイクル。

3人の娘を持つ杉本裕子さん。かつては家事育児すべて一人で担っていたが、2人、3人と子どもが増えるにつれて、一人では何もかも回らなくなった。杉本家に変化が訪れたのはそんな頃。「前は『お日様に干した洗濯物がいい』って乾燥機にも反対していた夫が、見かねて手伝ってくれるようになって」。

杉本さんは夫の変化を見逃さなかった。感謝の言葉を伝え続けると、夫の手伝う回数は増え、今では週末に平日のおかずを作り置きするなど、主体的に家事に関わるほどに。

また、子ども達との関係も一工夫。子どもの服や食器をはじめ、おもちゃの片づけ箱や掃除用具まで、子どもが自分のことも家事も自分でできるよう置き場所を配慮。もちろん子どもにも「ありがとう、助かったよ」の言葉は欠かさない。

「家族だから家事は皆でやるもの。でもそれを当たり前にするのではなくて、感謝の気持ちはきちんと言葉で伝えるよう意識しています」。杉本さんが発信する小さな感謝の積み重ねが、家族がチーム一丸となって主体的に家事に取り組む好循環を生んでいる。

「薬剤師の仕事が大好き。細くても長く働き続けたい」。その思いを叶えるべく、家族をうまく巻き込みながら両立する杉本さんの笑顔は、とても明るかった。

両立ポイント生活動線に合わせて子どもの物を収納

子ども達がお風呂上りに着替える場所に着替え一式を置いたり、長女が自分で取れる位置に洋服をかけたり、自然と自分でできる場所に収納を心がけています。

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
アンケートレポート

女性管理職が大変だと感じたエピソード~フクオカ働く女性白書vol.6「女性管理職」④

2017年12月11日
アヴァンティオンライン
女性管理職についてのアンケート調査。今週は、「女性管理職が大変だと感じた具体的なエピソードを教えて下さい」について寄せられた自由回答をご紹介 …
アンケート&モニター企画

【クオカードがあたる!】「管理職」について、女性の意識はどう変わった?働き女子へのアンケート 11/2まで

2017年10月23日
アヴァンティオンライン
アヴァンティでは10年前に「企業に女性リーダーが少ないのはなぜ?」という特集をしました。その後、女性活躍が国策として掲げられ、2015年には …
働く女性研究所

中 陽子さん/転勤族・子育て中でも仕事を続けたいから。 自分のスキルを活かす場は、自分で創る!

2015年6月22日
アヴァンティオンライン
中 陽子さんコミュニケーションプランニング BringoPR(広報)プランナー大分県出身。地場企業の広報課で7年間勤務後、結婚後は夫の転勤に …
働く女性研究所

坂本公子さん/お手本は、入社時の女性上司。 「助ママ友」の力も借りて家事育児。

2014年2月3日
アヴァンティオンライン
坂本 公子さん(35)株式会社NTTドコモ九州支社 営業部プロモーション担当勤務。31歳の時に第一子出産。1歳5カ月で仕事復帰。お手本は、入 …