FPおよつぎのマネー診断室

Q.10万円を超えないと医療費控除は受けられませんか?

Q.昨年7万円ほど医療費がかかりました。
10万円を超えないと医療費控除は受けられないでしょうか?

確定申告のシーズン。
年間の医療費が10万円を超えたとき、確定申告をすれば
超えた分が所得税から控除されます。これを「所得税の医療費控除」といいます。
確定申告ではおなじみの「医療費控除」。
医療費控除は10万円からと思い込んでいませんか?

Aさん:パート収入125万円 年間の医療費合計7万円
Aさんは医療費控除は受けられるでしょうか。

医療費控除の対象となる金額の計算式は、以下のようになります。

「1年間の医療費の合計」-「保険金などで補てんされたお金」-「10万円(所得が200万円未満なら総所得額の5%)」
=「①医療費控除の対象金額(最高200万円)」
①が計算できたら①に自分の所得税率を掛け算したものが、控除金額です。

Aさんで計算をしてみましょう。会社員、パートの方など給与所得者の場合
必要経費として「給与所得控除」があり、収入に応じて計算されます。

Aさんの所得は収入125万円から給与所得控除65万円を引いて60万円となります。
所得60万円の5%は3万円です。
医療費の合計額7万円から3万円を引いた4万円が医療費控除の額となり
Aさんは医療費控除が受けられます。

A.所得によって10万円以下でも医療費控除の対象となる場合があります。

総所得が200万円以上の方は10万円を超えた額が医療費控除の対象となり
総所得金額が200万円未満の方は所得の5%を超えた金額が医療費控除の対象となります。
確定申告、忘れずに申告したいですね。

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
コラム

残業代、ちゃんと払われている?

2015年4月30日
アヴァンティオンライン
運送会社に勤務していますが、残業代が少なすぎます。会社に尋ねると、「うちは残業代は定額で払っている。実際の残業時間より多く払っているから問題ない」と言います。給料明細では、基本給と …
FPおよつぎのマネー診断室

「乳がん検診」うけていますか?

2015年9月24日
アヴァンティオンライン
昨日、タレントの北斗晶さんがブログで乳がんであることを公表されました。驚かれたかたも多いのではないでしょうか。 「乳がん検診を受けて。」というメッセージを発信されていました。乳がん …
FPおよつぎのマネー診断室

セミナーご参加ありがとうございました。

2012年6月20日
アヴァンティオンライン
5月26日 北九州リバーウォークで「お金の学校」のセミナーを開催しました。当日はJRの事故などの影響もあったのですが約40名のご参加をいただき本当にありがとうございました。熱心に耳 …