12/10(土)筑後市空き家バスツアーレポート

12/10(土)

筑後市空き家見学バスツアーに行ってきました!

 筑後市は、移住に力を入れていて

市が運営する空き家バンク事業や

一定期間体験移住ができる「筑恋邸(ちくれんてい)」などがあります。

 

今回は、10組21名で筑後市の空き家バンクに登録のある2物件を見学するのと

筑後市の観光もおりまぜて楽しみました。

 

博多駅から新幹線で25分。

筑後船小屋駅にあっという間に到着です。

 筑後市を案内してくれたのは、

筑恋邸に移住体験し筑後が気に入り移住した

「地域おこし協力隊」の芝田良倫さん。

 DSC_0001

筑後市に移住して2年半。

食のおいしさ、人のあたたかさを感じ、本当に移住してよかったという芝田さん。

実体験を交えてのガイドはとってもリアルでおもしろく、

移住して後悔していることは、

「子育てを、どうして筑後でしなかったんだろう」

というくらい、暮らすにはベストな場所だと語っていらっしゃいました。

 空き家見学、ひとつめは

「北長田」エリアです。

大正2年にできた100年ものの古民家です。

 DSC_0004   DSC_0020 古民家鑑定士の山城京子さんに古民家についてお聞きしました。

そもそも古民家とは

築50年以上木造家屋で、軸組工法で造られたもの。

DSC_0007 DSC_0014 昔は、暖房器具は囲炉裏などあったけど

冷房器具はなかったので

夏場、涼しく快適に過ごせるかを念頭においた構造になっていることが

多いらしく古民家はヒンヤリとするらしい。

また、なかなか評価基準が昔は明確でなかったので

今、古民家鑑定士による600項目にわたる評価軸によって評価されているのだとか。

 DSC_0022

こちらのように以前住んでいらっしゃるままにされているところも

引渡しのときには荷物も処分したい場合は処分してもらって引き渡しができたり

自分の希望のようにリフォーム、リノベーションもできます。

 

費用も1000万以内(もちろん土地つき)とお求めしやすい!!!

 

続きまして

水田天満宮と恋木神社へ

地元の方は、“みったてんまんぐう”というらしい。

 DSC_0031

九州二大天満宮といえば、太宰府天満宮とコチラです。

DSC_0035

恋木神社は、

縁結びの神様はよく聞きますが、「恋命」を祀ってあるのは、全国で一社のみだそう。

土日だけでなく、平日もカップルや女性グループの参拝客で賑わいます。

海外からもうわさを聞きつけ参拝される方も増えているのだとか。

 DSC_0040

その後は、

JAふくおか八女が経営する

「よらん野」へ。

八女とついているので八女市と思われるかもしれませんが

“筑後市”なんですね。

 DSC_0045

八女茶も久留米絣の生産も多くは筑後市で行なわれているのですが

ブランド名が世間には知れ渡っていますね。

 

よらん野には新鮮野菜や果物がいっぱい。

たーくさん買い物しました。

 

昼食は、

「六白」で豚しゃぶです。

 DSC_0047

筑後市で畜産された

希少な 井寺養豚直売所の豚を特別に出してくださいました!

 IMG_4504

豚しゃぶもですが、野菜もおいしい!!!

サラダやごはん、みそ汁はお替わり自由だしたまらん。

DSC_0057 

その後は、

絣の「ギャラリーむつこ」へ。

 DSC_0092

久留米絣の織元です。絣のストールは、色のバリエーションも豊富ですてき。

 DSC_0098

DSC_0109

移住体験施設の「筑恋邸」も見学。

 DSC_0110

中は、茶室もあり

月明かりで本が読めるという秘密の屋根裏部屋も

すてきです。

 DSC_0115

DSC_0121

芸文館では、展示を見学しました。

筑後市に住んで制作したアートの数々を見学しました。

 DSC_0137

DSC_0151

船小屋駅では、

温泉入浴を楽しみました。また足湯も無料で入れるので一息つく場としても◎

DSC_0154

 DSC_0165

 筑後の魅力をたっぷり堪能した1日でした。

夕日を背にし、福岡へ戻りました。

DSC_0158 

 

 

 

 

 

 

 

店名 筑後市 空き家バンク
電話番号 0942-53-4111
URL http://www.city.chikugo.lg.jp/shisei/_6166/_5790/_5793.html
written by wada