解消法ベスト3は 食事、買い物、睡眠 ~フクオカ働く女性白書 Vol.2 「ストレス」

7月号のアンケートでは「恋愛結婚」について聞きました。
p23_01
ふだん、仕事でストレスを感じている人は8割強、でも、自分はストレス耐性が「強い」と思っている人も6割強――こんな結果が、アヴァンティ働く女性研究所が実施したウェブ調査で出た。

 今号の巻頭特集に合わせたアンケートの結果、回答者のストレスの強さは「とても強い」17%、「強い」25%、「やや強い」36%(2017年8月号誌面 P9 参照)。一方で、ストレス耐性が「とても強い」は4%、「強い」は21%、「どちらかといえば強い」は36%に上った。「弱い」「とても弱い」は合わせても8%しかおらず、ストレス耐性の強さが目立つ。
 仕事は大変だしストレスも強いけれど、それに負けず頑張れるガッツがある――というのがアヴァンティの読者像ということだろう。

ではそのストレス解消法は?

p23_02―― ベスト3は「食事する」15%、「買い物」12%、「ひたすら眠る」12%。「お酒を飲む」10%、「友達と会う」9%と続く。意外にも「エステ・マッサージ」「温泉」はともに7%と低い。眠ったり誰かに癒してもらったりという受動的な解消法よりも、飲食や買い物に行ったり、友達と会ったりと、能動的に動くことで解消している傾向が見て取れた。
 ちなみに「デート」はわずかに3%。彼氏や夫とデートしたところで、仕事のストレスは解消できない、ということか。自立した女性が多いのも特徴かもしれない。

▼次回の記事は
仕事ではストレスフルだけど、私生活は充実している!?~フクオカ働く女性白書 Vol.2「ストレス」②

おススメのストレスとの付き合い方は?

p23_03

アヴァンティ働く女性研究所の登録者約2000人にSNS等で呼びかけ、回答を得た。
回答期間は6月5日〜6月23日。有効回答数94。回答者は23歳〜65歳までで平均年齢は41.8歳。

「avanti 働く女性研究所」では、
福岡の働く女性の「いま」をリサーチしています。

前回は、「結婚」についてのアンケートを実施しました。
▶記事/フクオカ働く女性白書

アンケート結果に関するお問合せは、
「avanti 働く女性研究所」まで
TEL:092-724-3226 E-mail : labo@e-avanti.com