肥前やきもの圏で 表情豊かなやきものを知る

日本遺産に認定!「日本磁器のふるさと 肥前」

16_04

2016年4月に日本遺産に認定された佐賀・長崎にまたがる「肥前やきもの圏」。
8つの地域で生まれたやきものはどれも歴史や個性が違い、実際に見ながら特徴を探していくのが楽しい!
今回は唐津・武雄・波佐見・佐世保・平戸の5カ所を巡り、肥前やきものの魅力を探ってきました。

唐 津
土感を生かした温かみのある唐津焼は
使うほど深みが出る逸品

16_05

400年以上の歴史を持つ唐津焼は、草木や花、鳥などを描いた絵唐津や白と黒のコントラストが美しい朝鮮唐津が特徴。一時は衰退していながら、十二代・中里太郎右衛門(人間国宝)が伝統的な技法を復活させ、現在に受け継がれている。唐津焼に魅せられた窯元が現在も増え続けているのだそう。

16_06唐津焼が揃う展示場でお気に入りの作品を見つけたら、それぞれの窯元を訪ねてみるのもおすすめ。

唐津焼総合展示場
佐賀県唐津市新興町2881-1
ふるさと会館アルピノ2F
Tel:0955-73-4888
営業時間:9:00~18:00 定休日:12/30,31・1/1

16_06

唐津藩の御用窯として将軍家への献上品を焼くために使われていた御茶盌(おちゃわん)窯跡。

御茶盌窯跡
佐賀県唐津市町田5-1324
※見学自由

武 雄
豊かな自然の中に現れる登り窯と
素朴ながらもモダンな民芸陶器

16_07登り窯として世界一の容積を誇る、陶芸の里・武雄のシンボル「飛龍窯」。毎年2月中旬頃には、6千本の灯ろうを一斉に点灯させる「TAKEO・世界一飛龍窯灯ろう祭り」が開催されるほか、隣接の工房では陶器販売や陶芸体験、教室も行われている。また、車で約5分の距離には、丸田宣政窯の蔵作りのショールームがあり、色彩豊かで味わいのある陶器が揃っている。

16_08
工房でのろくろ体験は、初めてでも工房スタッフがサポートしてくれるので安心。

飛龍窯工房
佐賀県武雄市武内町大字真手野24001-1
Tel:0954-27-3383
営業時間:9:00~17:00 休館日:火曜


16_09日展作家としても活躍中の丸田延親さん。先代の父の元で本格的に作陶を開始。独自の世界にチャレンジし作品発表を続ける。

武雄の美味しいもの!

DSC_2722武雄バーガー
ジューシーなパティが挟まれたボリューム満点なバーガー。野菜もたっぷりなので食べ応え抜群!

TKB AWARDS
佐賀県武雄市武雄町大字富岡7811-5 かめやビルA号
tel:080-3958-3411
営業時間:11:00~(曜日によって営業終了時間が異なる) 定休日:月曜

 

波佐見
料理をぐっと引き立てる波佐見焼は
伝統と革新の融合品

16_10思わず「可愛い!」と声が出るほど、カラフルな模様・種類が多い波佐見焼。伝統を守りながら現代のライフスタイルに合った、機能的で良質なやきものが作られ続けている。シンプルな美しさから食器としてだけでなく、小物やアクセサリーとしても人気。

16_11

波佐見焼が揃う『くらわん館』には、女ゴコロをくすぐる可愛いデザインの食器がずらり。

くらわん館
長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2255-2
Tel:0956-26-7162
営業時間:9:00~17:00 定休日:12/31、1/1,2

 

16_12 館内では波佐見焼を使ったアクセサリー作りもできる。

 

佐世保
平戸藩の御用窯。
繊細優美と称される三川内(みかわち)焼

16_13平戸藩の御用窯として発展した三川内。三川内焼は筆の細やかな線と濃淡で仕上げる染付や、光が透けるほど薄く作られる卵殻手(らんかくで)など、伝統的な技術が多く使われている。白地に優しい青色で描く模様と精緻な芸術性は、将軍家への献上品としてだけでなく、その美しさからヨーロッパの王侯貴族をも魅了したのだとか。

16_14
三川内焼古美術の逸品と現代窯元の作品を多数展示。

16_15
館内ではオリジナルの絵付け体験(1,000円 送料別)が楽しめる。

三川内焼美術館
長崎県佐世保市三川内本町343
Tel:0956-30-8080
営業時間:9:00~17:00 定休日: 12/29~1/3

平 戸
三川内焼のルーツはここから。
  幻のやきもの・中野焼

16_16三川内焼のルーツとされる中野焼。陶工たちが三川内に移ったために歴史が短く、現存する作品が極めて少ないのだそう。そんな“幻のやきもの”といわれる中野焼は『松浦史料博物館』での鑑賞が可能。

16_17

博物館の奥には茶室も。江戸時代の「百菓之図」の復元菓子と平戸藩主松浦家で伝えられた茶道鎮信流のお茶を楽しめる。

松浦史料博物館
長崎県平戸市鏡川町12
Tel:0950-22-2236
営業時間:8:30~17:30 定休日:12/29~1/1

16_18細かな模様が美しい「透かし彫り」を体験することができる。※体験は2週間前から要予約。

平戸観光交流センター
長崎県平戸市岩の上町1473
Tel:0950-22-3060
営業時間:8:30~17:15 
定休日:なし(事務所は土日祝休み)

 

平戸の美味しいもの!

s_DSC_2861 海鮮丼
新鮮な魚介類がたっぷりと乗った海鮮丼は平戸に来たら絶対に食べるべき!長崎の地産地消の品で作られています。

 

お食事の店萬福 
長崎県平戸市田平町山内免344-2
Tel:0950-57-1788
営業時間:11:00~21:00(オーダーストップ) 定休日:不定休

 

insta-logo肥前やきもの圏インスタフォトコンテストを実施中!
s_7sichou_yoko1
お気に入りの肥前やきものの写真に「#肥前やきもの圏」と「#女子旅EXPO」の2つをつけてインスタに投稿!
魅力的な写真は2018年3月開催のアヴァンティイベント「女子旅EXPO」にて発表、投稿者の方には素敵な賞品をプレゼント。
お1人様何枚でも投稿OK。ご応募お待ちしています!

※女子旅EXPOの日程は変更の可能性があります。
※写真の発表・プレゼントに該当する方には、DMにてアヴァンティ担当者よりご連絡いたします。
※非公開アカウントの方は対象外です。

written by 編集部