【長崎県】波佐見&東彼杵&佐世保を巡る「大人の社会科見学」vol.1

長崎で思い浮かべるのはオランダや中国などの異国情緒溢れた町並みやハウステンボスではないでしょうか?

でも長崎にはまだまだ多くの魅力ある地域があります。

今回は、福岡から1時間半ほどで到着できる、今どんどん進化を続ける長崎県北3つの地域をご紹介します!

伝統とモダンが融合する陶磁器の町「波佐見町」

可愛いデザインと普段使いができることで人気の波佐見焼。有田焼として流通していた時代が長く、全国的に名前が知られるようになったのはここ10年ほど。それは町全体が波佐見焼を盛り上げようと頑張ってきたからだということがわかるところでした。

陶芸の館ではさみ焼きピアス作り

IMG_1102

波佐見焼きの伝統工芸士 野﨑さんに教えてもらい、ピアス作りを体験。野﨑さんは宮崎県出身。有田窯業大学校を卒業し、波佐見の一龍陶苑さんでデザイナーをしています。伝統工芸士ってどんなおじさんかと思っていたらこんなにかわいらしい方でびっくり!

玉
自分の好みの丸玉を選び
金具も色々選べて楽しい
金具も色々選べて楽しい
不器用な私は野﨑さんを何度も呼び止め、やっと完成!!
不器用な私は野﨑さんを何度も呼び止め、やっと完成!!
ピアス
ピアス

この丸玉の絵は野﨑さんの手書きだそうで、「これだけたくさん絵付けするの大変でしょう?」って聞いたところ「好きなことなので全く苦になりません。むしろ楽しいです!」という答えが返ってきました。好きなことを仕事にしている野﨑さんは素敵な女性でした。

今回は波佐見陶器まつりのメイン会場「やきもの公園」の中にある「くらわん館」で体験しました。ピアス・イヤリング作り体験のほか波佐見焼きの絵付けや本格的なろくろ体験などのメニューも充実しています。


波佐見焼の器と季節の料理が楽しめる月光(あかり)

akari
ランチはこちらで「波佐見焼御膳」をいただきました。
IMG_1109
波佐見焼のそば猪口を器にして提供されます。これにご飯と味噌汁、茶碗蒸し、食後にデザートまでついて1,500円(税抜き)ととってもリーズナブル。

野菜は波佐見産中心でお魚は佐世保の市場から仕入れるというこだわりよう。色々食べられるのが女性には嬉しいですね。

IMG_1111
IMG_1112

それぞれ違う窯元の器で8種類。このそば猪口はここでも窯元でも購入が可能です。

ランチは波佐見焼御膳のほか、すき焼き定食とチキン南蛮定食があります。


パッケージの総合メーカー岩㟢紙器で箱作り体験

iwasakisiki
元々は波佐見焼の出荷用の箱を作っていたそうですが、今ではオリジナルのデザインパッケージや紙製の商品などを企画・デザイン・製作を一環して行っているそう。
ここでは、箱作りの体験をさせてもらいました。
パッケージ
紙パッケージといってもたくさんの種類があります。
IMG_1125
箱に包装紙を貼り付けて作った名刺入れ。これを作りました。

中善で波佐見焼の工場見学

波佐見町の中心部にある創業100年の窯元「中善」。大量生産される波佐見焼ができるまでの工程を見学しました。とはいってもすべての工程は分業制でそれぞれ専門の職人さんが丁寧に手作業で行っています。

工程をざっくりいうと、

IMG_1170
型から取り出した器を900度の窯で8時間素焼きします。
絵付け
表面に付いている粉を払ってから絵付けをし、
IMG_1176
一つひとつに釉薬をかけ、
kama
1300度の窯で14時間本焼をします。

手作りだから高い品質を保っていることを実感しました。中善さんは某有名ブランドや誰もが知っている量販店の製品も製造しているので、知らない間に手に取っているかもしれないですね。

nituti
工場の隣にあるショップ「荷土」
tennnai
中善さんの可愛い器がいっぱい。
株式会社中善
〒859-3701
長崎県東彼杵郡波佐見町折敷瀬郷1455
TEL:0956-85-3033
FAX:0956-85-6279
E-mail:info@nakazen-yakimono.co.jp

ツアーガイドと巡る陶郷中尾山

400年の歴史を持つ波佐見焼を語る上で外せない中尾山は今でも多くの窯元があります。江戸時代に使用していた世界最大級の登り窯跡や燃料が石炭に変わった大正時代に使われていたレンガ造りの煙突などが残っており、この里を散策するだけでも歴史を感じることができます。ただ細い路地に坂道ばかりなので、ツアーガイドさんに案内してもらうのがおすすめです。

陶芸の里
gaido

ツアーガイドの石原さんに展望所から案内をしてもらいました。

isidatami
IMG_12151

中尾山の工房見学

一真窯

素焼き前の器をカンナで手彫りしオリジナルの模様を生み出しています。同じ型のものでも一つひとつ違う個性を持った白磁の器は、30種類ものカンナを使い分けて作られています。

IMG_1201
IMG_1205

陶房 青

aosann
aosan

ギャラリーの中にろくろの作業場があります。窯主の吉村さんが作業中でした。
ギャラリーには、青さんの4人のデザイナーさんがそれぞれの個性を活かした絵付けした器が並んでいます。同じ窯元でもまったく雰囲気の違う器が生まれるのも面白いですね。

茶室ギャラリーKANZAでアメリカの青年からお茶のふるまい

宿泊したホテルブリスヴィラ波佐見の中にあるお茶室。朝の出発前に抹茶をいただきました。お茶をふるまってくれたのはアメリカ出身のブレイクさん。イケメンですね~。テンションが上がります(笑)

そのウキウキした気分をお茶室で鎮めていただきました。

IMG_1166
IMG_1165
IMG_1168

参加者それぞれ違う器でいただきました。私はこの器。もちろん波佐見です。きれいなブルーですね。

ホテルから一分ところには、はさみ温泉湯治楼(ゆうじろう)や陶農レストラン清旬の郷(せいしゅんのさと)があり、癒しやグルメも堪能できます。

源泉かけ流しの温泉はとろみのあるお湯が特徴で、健康効果が高いといわれる「高濃度炭酸泉」もあり地元に人にも人気です。

清旬の郷は地元の素材にこだわった料理を提供しています。ここでいただいた本格石窯ナポリピッツァは絶品!

ごめんなさい!写真を撮っていなかったので、詳しくはHPにて。

kannbann


波佐見の観光情報はこちらから
波佐見町観光協会


【関連記事】
波佐見&東彼杵&佐世保を巡る「大人の社会科見学」vol.1
波佐見&東彼杵&佐世保を巡る「大人の社会科見学」vol.2
波佐見&東彼杵&佐世保を巡る「大人の社会科見学」vol.3

written by おーじー