働く女性研究所

坂内 和泉さん/乳がん経験が生活や育児を変えた。子どもたちはニコニコ笑顔のママが好き!

img1612_mama01

乳がん経験が生活や育児を変えた。
子どもたちはニコニコ笑顔のママが好き!

img1612_mama02

フリーの編集者、ライターとして在宅で仕事をしている坂内和泉さん。大学卒業後、東京で勤務していたが、震災をきっかけに2人の息子と福岡へ避難してきた。親戚も友人もいない福岡に来て、誰にも頼らずに一人で仕事と育児をこなす日々。気持ちに余裕が無く、子どもを連れて出かけても、待ち時間があればPCを広げて仕事をしてしまう。

「目の前のことをこなすのに必死で、怒りっぽい母だったと思う」と語る。その後、乳がんが発覚し、20回にもわたる入院生活を過ごすことに。その間、東京にいた夫が3週間ごとに福岡へ来て家族を支えてくれた。

人に頼らざるを得ない環境を経験して初めて、適度に力を抜くことを覚えた。病気のあと、一時期は食生活に極度に厳しくなり、冷凍食品もレンジも使わなかったが、考え直したという。

「無理して完璧な食事を出してイライラしているママと、少し手を抜いてもニコニコしているママだったら後者の方が良いなと思って」。

最近は保育園や学校の役員を務めたことをきっかけにママ友の輪が広がり、互いに協力し合える関係に。「将来は、ママたちが子連れで集まって飲めるような食堂を作りたい。そこで、乳がんで学んだ食や病気の情報発信もできたら」と、夢を語ってくれた。

子育てポイント…子どもと向き合う時間作り

img1612_mama03

在宅の仕事はプライベートとの切り分けが難しく、少しでも時間があれば仕事をしてしまいがち。後片付けの時間が浮いた分、子どもとしっかり向き合うと決めて購入した食器洗浄機。時間と心の余裕ができ、宿題や勉強を見てあげられます。

『フリー編集者、ライター』
坂内 和泉さん

埼玉県出身。大学卒業後、東京でコピーライターとして広告制作会社に入社。就職情報会社へ転職後、広告デザイン会社に入社。独立して印刷物からWebへ仕事の幅を広げる。震災をきっかけに福岡へ母子避難。
[家族profile]長男:13歳 次男:7歳

 

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
働く女性研究所

澤田 かおりさん/“管理職だから” と気負わずに、肩の力を抜く。部下をサポートできる、よき上司でありたい。

2015年4月20日
アヴァンティオンライン
澤田 かおりさん日本政策金融公庫 福岡西支店国民生活事業 融資第三課長1996年『日本政策金融公庫』に総合職として入庫。東京の渋谷支店に配属 …
働く女性研究所

床次 直子さん/夫の「俺、育休取るから」にぶち切れ! でも、夫婦関係も仕事も育児も諦めない

2014年12月22日
アヴァンティオンライン
床次 直子さん西日本新聞社 編集局 生活特報部記者福岡市出身。2002年に西日本新聞社に入社、文化部、佐世保支局、佐賀総局などを経て、現在の …
働く女性研究所

新藤 敦子さん/周りの人に引き上げてもらって今がある。 試行錯誤して、手にした働き方。

2015年5月22日
アヴァンティオンライン
新藤 敦子さん 『アルチザン』デザイナー佐賀県出身。九州造形短期大学卒業後、広告代理店、デザイン会社にて勤務。育休復帰半年後に退職し、フリー …