アンケートレポート

女性たちのセックス・リアル事情 【福岡の女性たちの性やセックスライフに関するアンケート】結果が出ました!

アヴァンティ女性視点研究レポートVol.33「女性たちのセックス・リアル事情
【福岡の女性たちの性やセックスライフに関する実態調査アンケート】」の結果が出ました!

情報誌アヴァンティの読者コミュニティ「avanti働く女性研究所」では、福岡県内の女性たちのセックスにまつわる実態調査を行いました。

詳しいレポートpdfはコチラ↓

レポートVol.33「女性たちのセックス・リアル事情」

<こんな結果が出ました>

◆今のセックスライフ、2人に1人は「満足」、4人に1人は「不満」

現在特定のセックスパートナーがいる女性たちは、約7割。そのうち、セックスに満足している女性が半数を占める一方で、一定数の割合で不満を抱く女性もいることが判明。
また、セックスライフに「満足」するには、相手との互いの思いやりが重要。一方、セックスの少なさは、セックスライフの「不満」に直結することが判明!

 


◆セックスレスへの自覚は自分「2~3カ月」、
彼「1カ月」。ズレがあれば自分が我慢

セックスレス、という意識は「2~3カ月程度しなかったら」、という回答が最多。一方、パートナーはどう思うか尋ねると「1カ月しなかったら」との回答が最多。自分とパートナーとの間で、セックスレスへの意識にずれがあると自覚している人は多いよう。
ただ、セックスしたい気持ちにずれがあるとき「自分が我慢する」という人が最も多かったことから、我慢して相手に合わせている人もいる様子。

 

◆アヴァンティ的考察
女性たちの半数は「セックスが好き」
。セックスライフには概ね満足しており、性欲が沸いたらマスターベーションをする人も多く、自分の性欲やセックスを前向きに受け止めている女性達の姿がみられた。

一方で、パートナーとの性生活への不満を感じる人も約3割。その理由は「自分はしたいのに回数が少ない」といった、セックスしたい気持ちにズレを感じつつも、相手に話さずに自分で我慢している様子がが伺えた。たとえパートナーに対しても、セックスの不満を言えないというコミュニケーションの不足が、不満につながっていると考えられる。普段の生活のなかで、性やセックスについてもパートナーと話せる関係性を築くことが、不満解消の糸口になるかもしれない。

などなど、詳しく分析しています。

詳しいレポートpdfはコチラ↓
レポートVol.33「女性たちのセックス・リアル事情」

アンケート結果に関するお問合せは、
「avanti働く女性研究所」まで
TEL:092-724-3226 E-mail : labo@e-avanti.com

【データご利用の際のお願い】データの引用、出版・印刷物への転載に関しては、出典元を「avanti働く女性研究所調べ」と明記していただければ、基本的にご利用いただけます。また、ご使用に際しては必ず下記の「avanti働く女性研究所」窓口までご一報ください。
E-mail : labo@e-avanti.com

 

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
働く女性研究所

徳久 愛子さん/ソラリアステージの運営に携わるお仕事熱心な徳久さんの思いや原動力を紹介します。

2016年11月19日
アヴァンティオンライン
Q1.入社のきっかけと今のお仕事を教えてください。 駅には、人の出会いや別れなど人生のドラマがあるように感じて入社しました。広報や経営企画 …
アンケートレポート

解消法ベスト3は 食事、買い物、睡眠 ~フクオカ働く女性白書 Vol.2 「ストレス」

2017年7月20日
アヴァンティオンライン
7月号のアンケートでは「恋愛結婚」について聞きました。 ふだん、仕事でストレスを感じている人は8割強、でも、自分はストレス耐性が「強い …
アンケート&モニター企画

【終了】食の新サービステストモニター大募集!

2016年11月10日
アヴァンティオンライン
新サービステストモニター大募集!家族の健康が気になる働く女性へ! 某企業の新サービスについてご意見ください。 「毎日、作っている食事で栄養素がちゃんと摂れているのかな?」 「家 …
メンバーイベント&部活レポート

アヴァンティ talk in talk 私のリレキショ vol.38『頭も心もすっきり整理できる「自分会議」始めよう』開催しました!

2012年10月25日
アヴァンティオンライン
研究所メンバー限定「talk in talk」のイベント報告です。 仕事して、家事をして、人によっては子育ても…。時間に追われて気づくともう …