コラム

交際中の彼が、妊娠した子どもを堕ろしてほしいと言っています。

交際していた彼が、私の妊娠が分かったとたん、「子どもは堕ろしてくれ、産むなら、俺は知らん」と言います。どうしたらいいでしょう。

原田 直子 先生
九州大学卒。福岡綜合法律事務所(現あおぞら法律事務所)を経て、1989年に辻本弁護士とともに現事務所を創立。趣味は草取りとパソコンのパズルゲーム。最近は、家族と自分の将来に関心がある。

 

彼が子どもを認知しないときは、
裁判所に調停の申立をし、認知させることができます。

無責任な人ですね。お子さんは、大切な命ですが、一人で産んで育てるのは大変なことです。よく考えて決めて下さいね。
未婚で子どもを産んだ場合、非嫡出子として貴女の戸籍に入籍します。父親が認知すれば、父親欄にその名前が記載されます。彼が自発的に認知しなければ、裁判所に調停の申立をし、親子関係を確認して、認知をさせることができます。調停でも彼が認知に同意しなければ、認知を求める訴えを起こさなければなりません。
多くの場合、DNA鑑定が行われて、親子関係の確認がされます。鑑定費用は認知を求める方の負担が原則ですが、話し合いで折半することもよくあります。総額で10万円足らずの場合が多いようです。

 

女性協同法律事務所
福岡市中央区天神2-14-8 福岡天神センタービル4階
TEL 092-751-8222
http://www.josei-kyodo.jp/

「女性による女性のための法律事務所・女性の権利のための法律センター」を目標に、1989年に事務所を設立。現在では11名の女性弁護士が在籍している。相談者は圧倒的に女性。離婚事件が多く、相続などを含めると約6割が家事事件。つづいて破産・負債整理、セクシュアル・ハラスメントを含む労働事件、少年事件・刑事事件、性暴力や医療過誤、交通事故や学校事故などの損害賠償請求事件、通常の契約をめぐる事件など。法人のメリットをいかし、長期間にわたって「お一人様の老後」の世話をする成年後見の業務にも携わる。

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
FPおよつぎのマネー診断室

クレジットカードを使いすぎてしまいます。

2010年6月28日
アヴァンティオンライン
Q.クレジットカードを使いすぎてしまいます。貯蓄が恥ずかしながらほとんどありません。 後悔の繰り返しで、悲しくなってしまいます。 相談者:30歳女性・会社員・しーらんA.クレジ …
コラム

物忘れが多い父。将来の病院費や施設費を父の預貯金から使っても大丈夫ですか?

2011年9月6日
アヴァンティオンライン
最近、父の物忘れが急に増えてきたような気がします。将来は私が介護する予定ですが、病院や施設にかかる費用を父の預貯金から支払っていいのでしょう …
FPおよつぎのマネー診断室

シングルマザーです。マンション購入を考えていますが・・・

2011年4月8日
アヴァンティオンライン
実家に居候しているシングルマザーです。居候してもうすぐ4年がたちます。そろそろ自立しようと考えていますが賃貸にすべきか中古マンションを買おう …
コラム

能楽師は、こんなかわいい人だった。多久島法子さん。能舞台の前に事前講座、行ってみませんか?

2017年3月19日
アヴァンティオンライン
編集部に、能楽師の多久島法子さんが遊びにきてくれました。多久島さんは、福岡在住の観世流の能楽師。女性では、能楽師は珍しいんですよね。30代半 …