キャリア

結婚とキャリア、女ゴコロ

kekkon

昨日から「アヴァンティ 恋愛・結婚講座」をスタートさせた。隔週2回×3カ月、全6回で最後は出逢いのパーティ+1年間のサポート付。この講座、ミニセミナーの要素を入れた説明会を2回開き約35名の女性が参加。その中から5名が本講座に申し込み。多いか、少ないか、講座料金を考えると多いほうかもしれない。出逢いとカップリングのプロを講師にお願いし、決して安くない設定とした。年齢は37歳~42歳と狭めた。講師によると本気度が高いのがこの年齢で、最も結果が出るのだとか。ということは、本気になれば年齢関係なく結果がでるのでは?とも思ってしまう、何事も。しかし、自分だけではなかなかこれまでの習慣や考え方を変えることができない、だからこそこの講座に意味があるのだ。

アヴァンティ読者の平均年齢は36歳。そのうち6割が未婚。福岡市内に住む女性の独身率は全国的にも高いと言われているが、まさにその通り。12月に出逢いのクリスマスパーティをしたら女性はあっという間に30名が集まりキャンセル待ち。男性を集めるのに苦労するのはいつものこと。

さて、独身女性約100名にアンケートを取ると、残念ながら約7割が恋人がいない。現在独身である理由のトップが「いい出会いがなかった」。次いで「結婚の条件に合う人が現れなかった」。婚活をしている人は25.7%、気持ちはあるけど重い腰があがらないのか、そもそも一人でいいや!とあきらめているのか。いやいや、「恋人は欲しいですか?」の回答を見ると「あまり欲しくない」「全然ほしくない」を足すとわずか7.8%、やっぱりほしいのだ。そう、大きな行動はしなくてもほとんどの女性は結婚願望がある、それが女ゴコロ。

忙しくて出逢いがなかった、気づいたら一人だったという人も多いだろう。私なんか、結婚できたのは本当に偶然だと思う。そう、その偶然をつかめるかどうかではないだろうか。初めに書いた「恋愛・結婚講座」の講師が、「加点方式で相手を見てみましょう」と言っていた。そう、人は褒められると嬉しい。相手にも自分にもプラスの要素を探して言葉をかけてみる。「こういう人は嫌だ」ではなく、「この人こんなところあったのね、楽しい♪」と相手のいいとこ探しで幸運が寄ってきそう。「言葉や行動で人生は変わる」、最近この類の言葉をよく聞く。今年は、昨年と違ういい習慣を私もつくってみよう。キャリアか結婚かではなくキャリアも結婚も手に入れて、さらに人生を楽しいものに。

 

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
キャリア

[変わる!働き方] 「残業=評価される」ではなく、「残業=恥ずかしい」 に!?

2016年5月20日
アヴァンティオンライン
「粉骨砕身で働く」「辞令一つでどこへでも」。WLBが大事とは言いつつも、今も根強く残っている日本流の働き方。ここにきて、ようやく大きな変化を …
キャリア

アメリカ人がこだわる「体のお手入れ」

2018年11月27日
アヴァンティオンライン
アメリカに来て、日本とは感覚が違うんだなあと思うことの一つに、体のお手入れというのがある。どちらが好みかは読者の判断に任せるが、アメリカ人にアピールしたいなら、以下に沿っておく …
キャリア

こんなに適当な国がどうして世界一なのだろう?

2018年3月10日
アヴァンティオンライン
渡米する前のアメリカの印象は、「最先端」だった。GDP世界第一位のこの国で、さぞかし感心しながら暮らすのだろうと思っていた─しかし実際に暮らしてみると、とんでもない!とにかくそ …