トピックス

エツコの浮世絵コバナシ!第1回「日本文化としての浮世絵」

こんにちは!アヴァンティスタッフのエツコです。今回から私の大好きな浮世絵について不定期に話していきます。
第1回目のテーマは「日本文化としての浮世絵」です!
私たちが普段浮世絵と言われて思い浮かぶものと言えば葛飾北斎「富嶽三六景」(1830-1832)シリーズの「凱風快晴」や
日本史の教科書にも出てくる喜多川歌麿の「ビードロを吹く娘」(18世紀)ですよね!

そしてもっともよく見かけるのがこの東洲斎写楽の「三代目大谷鬼次の江戸兵衛」(1974)です。
しかしこの東洲斎写楽、当時の浮世絵師としては異端の存在!あまりにも人気がなかったということでたったの10か月しか活動をしていません。では、なぜこの写楽が今日有名になってしまったのか・・・写楽を見つけたのはドイツ人の美術評論家でした。

浮世絵の時代が既に去ってしまった1910年、ドイツ人美術評論家のユリウス・クルトが「SHARAKU」という本を出版しました。
今まで浮世絵を美術とすら意識していなかった日本人は、それを見てびっくり仰天!そこからゆっくりと浮世絵の文化は日本でも「日本美術」として浸透していくのでした。浮世絵は、東洲斎写楽のおかげで逆輸入されてきた日本の文化なのです。
もしかしたら、この話は既に知っているという方もいらっしゃるかもしれませんね。それでは、次回は「写楽とは何者?」についてお伝えしたいと思います。お楽しみに!

 

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
イベント

11/26(日)パティシエ×寺院×女性3人組ユニット!?「紅葉Cafe~宗像三女神スイーツ試作発表会&ティータイム~」開催!

2017年10月3日
アヴァンティオンライン
世界遺産登録で今注目を集めている宗像市から、新しいご当地スイーツが誕生。宗像の守護神「宗像三女神」に着目したスイーツを、地元を中心とした異 …
トピックス

今夜の晩御飯(料理グッズ)

2017年5月11日
アヴァンティオンライン
毎日仕事を終えて駅からダッシュで子どもを保育園まで迎えにいき家に帰りついたら、子どもをおんぶしてご飯の準備を始めます。(笑)ここで、一番悩むのが「今夜のおかずは何にしよう」です。毎 …
トピックス

夏のビアガーデン、今年はどこに行く?

2016年6月24日
アヴァンティオンライン
ビルの屋上で夜空を楽しむもよし、屋内ガーデンで雨の心配もなく楽しむもよし! 今年のビアガーデンはどこにしよう!?と思っていると、とっても魅力的な情報が舞い込んできました。 それは、 …