トピックス

エツコの浮世絵コバナシ!第1回「日本文化としての浮世絵」

こんにちは!アヴァンティスタッフのエツコです。今回から私の大好きな浮世絵について不定期に話していきます。
第1回目のテーマは「日本文化としての浮世絵」です!
私たちが普段浮世絵と言われて思い浮かぶものと言えば葛飾北斎「富嶽三六景」(1830-1832)シリーズの「凱風快晴」や
日本史の教科書にも出てくる喜多川歌麿の「ビードロを吹く娘」(18世紀)ですよね!

そしてもっともよく見かけるのがこの東洲斎写楽の「三代目大谷鬼次の江戸兵衛」(1974)です。
しかしこの東洲斎写楽、当時の浮世絵師としては異端の存在!あまりにも人気がなかったということでたったの10か月しか活動をしていません。では、なぜこの写楽が今日有名になってしまったのか・・・写楽を見つけたのはドイツ人の美術評論家でした。

浮世絵の時代が既に去ってしまった1910年、ドイツ人美術評論家のユリウス・クルトが「SHARAKU」という本を出版しました。
今まで浮世絵を美術とすら意識していなかった日本人は、それを見てびっくり仰天!そこからゆっくりと浮世絵の文化は日本でも「日本美術」として浸透していくのでした。浮世絵は、東洲斎写楽のおかげで逆輸入されてきた日本の文化なのです。
もしかしたら、この話は既に知っているという方もいらっしゃるかもしれませんね。それでは、次回は「写楽とは何者?」についてお伝えしたいと思います。お楽しみに!

 

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
キャリア

6/2(土)、3(日)、9(土)、10(日)、16(土) 創業にぐっと近づく5日間「創業塾」【北九州商工会議所】

2018年5月10日
アヴァンティオンライン
「創業したいけど、何から始めたらいい?」 「私にも創業できる?」 創業を目指すあなたを商工会議所がバックアップ。創業までに知っておき …
トピックス

九州最大のアディダス直営店「アディダス ブランドコアストア 福岡」&「アディダス オリジナルスショップ 福岡」リニューアルオープン!

2017年6月30日
アヴァンティオンライン
明日7月1日(土)に天神の「アディダス ブランドコアストア 福岡」と「アディダス オリジナルスショップ 福岡」が同時リニューアルオープン。九 …
イベント

「地震が起きたらどうしますか?」「机の下に隠れます!」…それで本当に大丈夫?

2017年6月20日
アヴァンティオンライン
6月20日(火)の深夜、大分佐伯市で震度5の地震がありました。津波の心配は無いと聞いてひとまずは安心していますが、大きな揺れ。とても怖かった …