FPおよつぎのマネー診断室

乳がん患者さんのためのフェスティバル

お金のコーナーを担当しました

img_event016月19日(日)東京、がん研有明病院で「乳がん患者さんのためのフェスティバル」が開催され「お金と社会保険・仕事に関する相談コーナー」でFPとして相談をお受けしてきました。
http://www.congre.co.jp/24jbcs/contents/event.html

FPと社会保険労務士とが二人一組で相談を受けました。
当日先着順でのご相談でしたが
本当に多くの方がご来場され、相談ブースもいっぱいになりました。

「医療費」や治療中の「働きかた」についてのご相談などがありました。
基本的な公的な保障の情報も一部しかご存知ないかたもいらっしゃったりして
今回のように病院と連携して総合的なアドバイスができる場所や機会がふえるといいなと
本当に感じました。

以前は日本人女性が乳がんになる確率は20人に一人といわれていましたが
今では14人に一人といわれるまでにふえました。
年間でいうと6万人以上もの女性が乳がんになっています。

病気になると、やはりお金のことも気になります。
これからも、少しでもお役に立てるように仕事をしていきたいと感じたフェスティバルでした。

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
コラム

退職理由で変わる 失業保険の給付金!?

2014年8月6日
アヴァンティオンライン
Q.会社都合と書くと会社にとって不利になりますか?A.離職票に会社都合退職と書くと、ものすごく会社に悪影響があると思っている方も多いと思います。しかし、助成金をもらうとき以外には、 …