トピックス

イノシシや鹿などを 西中洲でまるごと 味わえる ジビエ料理。『情熱の千鳥CARNE』

『情熱の千鳥CARNE』

31_01
▲「鹿・猪のグリル」(ロース、モモ肉、フィレ肉など/2,000円〜)

春吉交差点からすぐ、西中洲の一角にあるイノシシ、鹿、キジ、鴨、牛、豚、鳥など九州の自然が生み出したジビエを使った料理が自慢の『情熱の千鳥CARNE』。一頭買いや一羽買いでコストを抑えている。地域活性の仕事も手がけているので、その独自のルートを活かし、旬の味を新鮮なままに仕入れた糸島・朝倉・添田産の有機野菜と一緒に、あらゆる部位を趣向を凝らした料理で味わえる。自家製料理を地の酒やワインと一緒に気軽に楽しんで。


▲「本日のシャルキュトリー(加工肉)の盛り合わせ」(1,500円)
自家製のハム、サラミ、パテ、ベーコンなどジビエのシャルキュトリーは珍しいのでおすすめ。


▲ 「ジビエのメンチカツ(2種)」(650円)
自家製ソースでいただくカルネの人気商品。

夏鹿を楽しむ添田町フェア開催中
【特典】3名以上で来店の場合
ボトル1本(赤・白・スパークリング) or グリルプレゼント(鹿・イノシシ・キジ・黒豚)

ジビエ料理 情熱の千鳥足CARNE(カルネ)

TEL/092-733-6100
住所/福岡市中央区西中洲10-6 ラビリンスビル1F
営業時間/18:00〜24:00(LO)
定休日/不定(月1〜2回程度)

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
トピックス

バンコク旅行 ~海外で働く女性たち~

2017年2月27日
アヴァンティオンライン
アヴァンティでは、過去は毎年、最近は2年に1度のスパンで社員旅行に行っています。社長のこだわりでだいたい”海外”。私が約12年いる間で国内は沖縄が1度だけ。上海、ソウル、台湾、香港 …