コラム

<次の抗がん剤カンプト>

この約3年弱
最初の抗がん剤治療は シスプラチンとTS-1を6クール
その後2年半以上 今年の6月まではTS-1単剤で
がんは大人しくしていた
でも 新たながんが見つかって
次の抗がん剤は カンプトに決定

TS-1に耐性ができたと思われる私は
新しい抗がん剤で がんと闘かわなければならない

次の抗がん剤は 二者択一
カンプトにするかタキソールにするか・・・
副作用や治療の段取りなどを聞き
主治医との相談の上
カンプトに決定

私としての主な決定要素は
カンプトは2週間に1度の点滴で タキソールは1週間に1度
カンプトの方が治療以外の時間が長い と思った事
それに 脱毛についても
タキソールは確実だけど カンプトはそうでもないらしい・・・

それと ほとんどの場合
みんな日帰りで受けている抗がん剤と聞いたので
点滴後2~3日我慢すれば 日常生活が送れるのかな~って
甘く考えたのも 正直なところ

まっ!その考えはもろくも崩れ去ったけど

7月15日 元気に明るく入院
初回だけ重篤な副作用がないか注意するための入院だから
うまくいけば 1日で退院できるとのこと

いつも副作用が強く出る私としては
少し不安ではあったけど
とても元気な状態で入院したので 『大丈夫!』 だと思った
通院でできる点滴なら 前より楽かも・・・
という期待もあったし

食事も美味しく頂き 翌日午前中に点滴開始
まずは 吐き気止めの点滴を打って
本番の抗がん剤カンプトを点滴
主な副作用は下痢だと聞いていた
便秘ぎみの私は 下痢ならいいか・・・と素人考え
それに副作用は 翌日ぐらいからでるって聞いたし・・・

でも この考えが甘かった
それから私は 毎回4~5日入院する事になった
☆いっこ☆

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
30歳コヨオミ、男性としての再出発

【社会人・女性営業編】コヨオミ、僕の生い立ち

2015年5月27日
アヴァンティオンライン
皆さま、こんにちは!株式会社ケセラセラジャパンで 日本初・LGBT集客コンサルタントをしております、松岡暦臣(マツオカ コヨオミ)です! ついにあと数日で6月! 6月といえば、ジ …