[Let’s チームビルディング]福岡の元気な中小企業たち(株式会社カウビジョン)

1604_sp_16

「チームビルディングって言っても何から始めたらいいの…?」という人へ。ランチや人材育成など社内業務をうまく活用して、チーム力を高める方法がある!チームビルディングを仕組み化して、成長している福岡の中小企業を紹介します。

1604_sp_03
2015年の2回目の家族懇親会にはクルーと家族31名が集まり、和やかな会が催された。

会社は、まさに大きな家族!
互いの素顔を知れば、チームはもっと強くなる。

企業専門のインターネットTV局を運営する『株式会社カウテレビジョン』。300社以上のNo 1経営者との対談番組「社長室101」をはじめ、企業の価値を映像でリアルに伝えている。2004年の創業時には数名だったクルーも、創業12年目を迎える今年は総勢23名。2010年には香港支局、2014年には東京オフィスを構えるなど、成長を続けている。

チームには中途採用者や学生、外国人など、実に様々な人が集う。そんな多様な人材が集まる同社が大切にしているのが「カウファミリー」という概念。「1日の多くを仕事をしながら過ごし、家族以上に一緒にいる時間が長いからこそ、チームも家族のような関係でありたい。そして、家族に応援されてはじめて視聴者やお客様に応援される」という代表取締役社長・髙橋康徳さんの想いが組織づくりに活かされている。

その代表例が2014年からはじまった「家族懇親会」。全社員の親やパートナー、子どもを招待して食事を共にした後に、オフィス見学会を開催。社員が制作した映像を見てもらい、具体的な仕事内容を知ってもらうというもの。まさに職場参観さながらの取組みは、家族が子どもや親の職場を直に知る絶好の機会になる。また、社員がお互いの家族を紹介しあうことで、普段職場では見せない表情を知るきっかけになるなど、社員同士の距離がいっそう近づき、温かな絆を育む場になっている。

家族懇親会の企画運営を行う川上尚子さんは、魅力をこう語る。「職場では、お互いの強み・弱みもすべてさらけ出した上で、それぞれを認め合おうという意識で働いています。互いの強みを活かし、補完し合って仕事に取り組むためです。家族は自分自身のルーツにつながっている、とても大きい存在。お互いの家族を知りあう家族懇親会は、クルーそれぞれの素顔を知り、価値観や根っこの部分を理解し合える、とても貴重な機会です」。お互いの家族を知り合い、家族にも会社を知ってもらう。それこそが、クルー同士が理解し合い、補い合い、高め合いながら仕事ができるベースになる。「家族を大切にする人を、大切にするチームでありたい」という会社の方針が、チーム力の根源を支えている。

1604_sp_05

同社の特徴的な取組みのもう一つが「ルーキー家庭訪問」。社長の髙橋さんが新入社員の両親のもとを訪れる。会社説明のためでもあるが、「新入社員がどんな子どもで、どんな風に育ったか」を両親から直接聞くことに主眼が置かれ、新入社員の素顔やルーツを知るきっかけとなっている。

1604_sp_04

「自分にとっても大切な存在である家族を、同じく大切にしてくれる会社の風土は素直に嬉しく感じます」と社長室・総務部の川上さん。



1604_sp_06株式会社カウテレビジョン

事業内容/インターネットTV局カウテレビジョンの企画・制作・運営、映像を活用した企業の採用活動・情報発信の支援
住所/福岡市中央区天神3-4-5 ピエトロビル8F(福岡オフィス)
TEL/092-401-6055
URL/http://www.cowtv.jp/
従業員数/正社員15名、アシスタント8名

 

written by 編集部