コラム

夫?だんなさん?ご主人? あなたはパートナーを何と呼びますか?

弊社のキムと話していてこんな話題になりました。
ある会議で、夫のことを話すとき、何と呼ぶか、という議論になったとのこと。なかなかビタっとくるものがない、と。ほんとですね。

自分の夫のことを話すとき、「うちの夫が」「うちのつれあいが」など、「主人」という言葉を使わないことはできても、会話で、相手の夫のことを聞くときが、なかなか難儀なんですよね。

「ご主人は、○○○ですか?」
を、どう呼ぶのか。
「夫さんは?」と聞くという方もいらっしゃいました。
夫さん、オットサン、オットセイみたいで、なんだかなあ。しっくりこないんですよね。
20年ほど前、ある男女共同参画センターで問うたら、「男女共同参画の世界では、『お連れ合いさまは?』と聞くのよ」と教えていただきました。

先月、佐賀県で講演した際、アヴァンティの編集方針として、「主人」という言葉を使わない、なぜなら夫と妻は主従関係ではないから。さらに、「(夫が家事を)手伝ってくれる」というときの「手伝う」という言葉は使わない。なぜなら、家事や育児は、女性だけがするものだという価値観を読者に定着してしまうから。という話をしたら、30歳前後くらいの若い女性経営者の方に、いたく感激されました。自分も夫との関係でいつも疑問に思っていたことだった、と。
それを聞いて、私もとってもうれしくなりました。

何十年か前は、女性問題に意識のある一部の人たちのこだわりだったいわゆる「男女共同参画用語」が、いまでは、若い世代に当たり前になってきているんだなあと思ってうれしかったのでした。キムさんが参加した会議での議論も、若い女性たちの間で自然に生まれてきた会話だったんでしょうね。

さて、「主人」に代わる新語は生まれるのでしょうか?

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
オトナ女子のための美髪テクニック

小さい生花を使ったアレンジいろいろ…

2015年8月24日
アヴァンティオンライン
こんにちは。ボー・デコール 嘉村です。今回は小さな生花を使ったアレンジをご紹介します。ナチュラルな雰囲気だけど華やかさもあって、アレンジがとても可愛くなります。今の時期は浴衣にも合 …
コラム

暴力を振るう彼と別れたいけれど、別れた後もつきまとわれそうで怖いのですが・・・。

2011年9月1日
アヴァンティオンライン
彼から暴力を振るわれたり、激しい束縛を受けたりするので、別れたいと思っています。でも、つきまとわれそうで怖いのですが・・・。原田 純子 先 …
コラム

「新しい方式による養育費・婚姻費用算定表」

2017年5月17日
アヴァンティオンライン
新しい婚姻費用の算定表があると聞いたのですが、これまでの算定表と、なにが違うのですか?日本弁護士連合会が作成した、より実態にみあった、きめ細やかな算定を目指した算定表です。前回お伝 …