ライフスタイル

[明日、災害が起きたら] ローリングストック法を始めよう

ローリングストック法を始めよう

ローリングストック法とは、従来の3年5年といった長期保存が効く非常食を食べずに置いておくと言う考え方ではなく、日常的に時々非常食を食べながら、減った分を新たに買い足す備蓄方法。最初に準備する量は「4日分(12食)×家族の人数」。図のように月に1食食べて、食べた分は次の買い物の時にでも補充という仕組みだ。この備蓄方法のいいところは、備蓄する食料の消費期限が1年間で済むため、たいていのレトルト食品が非常食の対象になること。普段食べなれない長期保存食よりも、好きなものが選べることは、災害時の食事の安心感にもつながる。

1カ月に1回の頻度で、非常食1食分を定期的に食べる。食べたら、1食分を買い足して補充する。このペースだとちょうど1年で最初にストックした4日分のストックを食べ切ることになる。

1603_sp_18

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
ライフスタイル

女性のための「相続コンシェルジュ」 知らないと損をする相続のウラ事情 [福岡・博多]

2014年4月20日
アヴァンティオンライン
相続でもめる例は案外多い。今年福岡に、弁護士、司法書士、行政書士、、社会保険労務士、税理士、保険代理店等40名のメンバーで構成する相続事業承 …
ライフスタイル

最高の履き心地を追究した『自分のためのオーダーメイド』それがMarikoKの手作りの靴

2018年11月22日
アヴァンティオンライン
『足に靴を合わせる』というポリシーの元に作られた靴 踵が足をきちんとホールドし、つま先は自由に本来の足の形に広がり、土踏まずはぴったりとフ …
ライフスタイル

[福岡×移住・地域のつなぎ手にききました] 移住者と地域の橋渡しはさながら“仲人”のような仕事です。

2016年4月20日
アヴァンティオンライン
移り住んでくる人がいれば、その人を地域と繋ぐ役目の人がいる。移住者と地域の人が双方「よかった」となり、さらに新しい何かをうみだそうと日々 …