インタビュー

樽 利恵子さん/暮らしの「安心」を生み出す ファイナンシャルプランナー

「お客様とそのご家族が一生お金に困らない事。いつでも気軽に相談に来れる事。お客様自身が自分の問題に気付いていただく事。」私が目指すのはこの3つ。独立系のファイナンシャルプランナー(FP)として、お金の使い方を考えてくれる樽利恵子さん。家計の見直しから結婚や出産、住宅購入、相続に老後の資金まで、顧客の生活スタイルに合わせた様々なリスクに対応できる適確なアドバイスが評判のFPだ。金融系や保険系、不動産系、税務系など、専門性に特化したFPが多いなか、全ての知識が繋がらないと提案はできないと持てる知識を網羅して提案するのが彼女のやり方。ひとつの保険を幾通りにも使えるようにアドバイスをする。「たとえば学資保険代わりに、老後資金の足しに、介護のためになど、資産運用や相続税の回避も保険でできますが、年齢や状況などで提案は変わります。私の強みは、お客様の立場に立ち、あらゆるケースを想定できることかもしれません」。

「ファイナンシャルプランナー(AFP)」や「トータル・ライフ・コンサルタント(TLC)」、「住宅ローンアドバイザー」や「相続診断士」などの資格を持っているが、勉強するのは資格取得のためではない。「お客様の不安を解決する、ベストな方法を見出すために勉強をする」と語る。何かあれば気軽に相談して欲しいからと、たとえ海外にいる時でも電話は必ず出る。そんな彼女の親身な対応に「何でも聞いたらすぐに応えてくれる」と顧客の信頼も絶大で、親や子ども・孫の代にまでわたる複数世代のお付き合いも多い。

モットーは「自分らしく生きるために」。暮らしにゆとりを生み、老後の不安を解消できれば、一人ひとりがより自分らしい生き方を実現できるはず。そんな想いの樽さんの強い願いが、「生涯の安心」という名の人生のパスポートを創り出してくれる。

『fp consultant R 株式会社』代表取締役
樽 利恵子さん

北九州市出身。家業だった服飾業界で活躍後、2004年に現在の仕事に転身。お金に関する幅広い知識を駆使して、顧客の生涯の安心を支える「あなたのための」ファイナンシャルコンサルティングを行う。

sub01

▲ 1.個性的なオフィスは、樽さん自身が素材から演出までコーディネート。

sub02

sub03

▲ 2.3.趣味は海外旅行。海外渡航のビジネスクラスの航空券は、航空券のマイルもだが、殆ど地上マイルを貯めて捻出するという「マイルの達人」。


fp consultant R Inc.
北九州市小倉北区足立3-1-12
http://fp-taru.com/
TEL/[free]0120-445-775
営/10:00〜20:00
休/なし ※予約制

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
インタビュー

佐野桜子さん/私は何がしたいのか…。 悩みもがいた先にあった 自分らしい幸せの在り方。

2015年10月20日
アヴァンティオンライン
佐野桜子(さのさくらこ)さん 『株式会社ブレンダ』 代表取締役、ウエディングディレクター 1975年北九州市生まれ。関西学院大学を卒業後、『 …
インタビュー

楠元 珠代さん/やりたいならまず動く!30代でMBAを取得、休職してエチオピアへ

2016年5月20日
アヴァンティオンライン
楠元 珠代さん『JR九州ドラッグイレブン株式会社』取締役常務執行役員1976年宮崎県出身。東京の大学を卒業後、九州旅客鉄道株式会社に入社。佐 …
インタビュー

佐々木 久美子さん/人を意識しない、比べない我が道を自分らしく行くから楽しくなる

2016年4月20日
アヴァンティオンライン
佐々木 久美子さん『株式会社グルーヴノーツ』 代表取締役会長福岡県生まれ。システムエンジニア、プロジェクトマネージャー(PM)等を経て、20 …
インタビュー

吉野 賢一先生/栄養補給の意識だけではもったいない、 医療への可能性も秘めた「食べる」こと。

2016年8月22日
アヴァンティオンライン
「食べる」と「脳」の不思議 栄養補給の意識だけではもったいない、医療への可能性も秘めた「食べる」こと。 今月は九州歯科大学口腔保健学科 …