ライフスタイル

いつ、誰に、起こるか分からない 明日、がんになったら。

明日、がんにならないために

今、がんは早期発見なら治る可能性が高いといわれる時代。もしかかっても早く対策できるよう、なるべく早く見つけるのがカギ。特に女性に多い乳がんの専門医に、予防の心構えを聞きました。

独立行政法人国立病院機構 九州がんセンター 徳永えり子先生

医学博士。専門は乳癌、乳腺疾患。九州大学医学部卒業後、九州大学消化器・総合外科特任講師などを経て、2015年4月より現職。「NPO法人ハッピーマンマ」理事として乳がん早期発見のための啓発と乳がん患者のための家族のケアとサポートの充実のための活動も積極的に行っている。

がんから命を守るのは自分次第。自分の体の不調を後回しにしないで。

早期発見できれば、がんは治る可能性が高まってきています。特に乳がんの場合は、早期発見なら約9割が治癒します。早い段階で見つけることができれば、自分の命を守ることができるのです。

しかし、仕事や子育て、介護など、忙しい日々を送る女性の皆さんは特に、自分の体のことは後回し、という方もとても多いですね。乳がんに関していえば、定期検診はもちろん大切なのですが、働き盛りの20~30代の方にオススメしたいのが、まずは自分のおっぱいの健康な状態を日頃から知っておく、ということ。定期的におっぱいに触ることが、がんの早期発見の第一歩になります。それを習慣にすれば「いつもと何か違うな」と、自分で体の異常に気づくことができます。

ただ、「何かおかしいな」と自覚があるのに「この程度なら大丈夫」と専門医の受診をしないのは厳禁です。自己判断で異常を放ってしまったがために取り返しのつかないことにもなりかねません。まずは自分の体のことを放っておかないという意識と、ちょっとした不調やサインにも敏感になり、「何か違うな」という違和感をそのままにしない、という心がけが肝心です。病院の受診や検診をおっくうがらずに、自分の命は自分が守る、という意識を高めましょう。

がん予防のために知っておきたい!検診を受けるときの心がまえ

1 2 3 4
ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
カルチャーファイル

今月は、山海塾「降りくるもののなかで −とばり」公演発表記者会見をレポートします!

2017年1月20日
アヴァンティオンライン
圧倒的な芸術を前に自分と向き合う時間。舞踏の世界ー 1975年、天児牛大氏によって設立された「山海塾」は、設立以来、世界45カ国、700を …
ライフスタイル

こじらせ女子の脱皮術 まじめに 大人の恋バナ

2015年12月18日
アヴァンティオンライン
たかが恋、されど恋。人を成長させてくれるのが恋。人間関係の築き方など、自分を見つめなおして磨くためのきっかけをくれて、より深みのある大人になれるのが恋。 だけど、ひとりで …
ライフスタイル

Q.子どもがガラスを割ってしまいました!

2011年6月13日
アヴァンティオンライン
Q.子どもがキャッチボールをしていて近所のおうちの窓ガラスを割ってしまいました。自転車にのって車に傷をつけてしまったことも・・・。こんなときに役にたつ子どもの保険ってありますか。  …