FPおよつぎのマネー診断室

おすすめの映画「希望のちから」


「希望のちから」2009年の映画です。

乳がんの治療を大きく変えたといわれる
「ハーセプチン」という新薬開発の実話を映画化したもので、製作総指揮は『ブリジット・ジョーンズの日記』のレニー・ゼルウィガー。

薬を開発し臨床試験を経て
患者さんへ届くまでの具体的な過程が描かれています。

日進月歩で医療は進んでいるというけれど
医療の進歩は決してかんたんなことではないんだということを痛感しました。

人の想いが、いろいろなちからとなって
いろいろなものが生まれていくんだと感じます。

秋の夜長に是非、ご覧になっていただきたい映画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
FPおよつぎのマネー診断室

2012 びっくり10大予想

2012年2月1日
アヴァンティオンライン
アメリカの投資ファンド”ブラックストーン・グループ”のストラテジスト バイロン・ウィーンさんが、毎年”10大びっくり予想”を発表しています。バイロンさんは、毎年はじめに「一般的には …
コラム

残業代、ちゃんと払われている?

2015年4月30日
アヴァンティオンライン
運送会社に勤務していますが、残業代が少なすぎます。会社に尋ねると、「うちは残業代は定額で払っている。実際の残業時間より多く払っているから問題ない」と言います。給料明細では、基本給と …