インタビュー

見舘 好隆先生/国内唯一!? キャリアセンター専属の大学教員 大学と社会をつないで見えてきたものとは?

見舘 好隆先生
北九州市立大学 キャリアセンター准教授(地域創生学群専任)
1967年京都市生まれ。関西大学文学部卒業後、旅行会社とインターネットプロバイダにて人事や販売促進を15年経験し、首都大学東京、一橋大学を経て現職。専門は若年者のキャリア形成支援。経営学修士。2級キャリア・コンサルティング技能士。著書『「いっしょに働きたくなる人」の育て方』ほか。

大学生のチカラ
国内唯一!? キャリアセンター専属の大学教員大学と社会をつないで見えてきたものとは?

近年、多くの大学が学生のキャリア教育や就職支援に力を入れている。だが、学内のキャリアセンターに大学教員が「専属」でいるケースは、全国を見渡しても稀といえる。そんな珍しいポジションを担う見舘先生は、自らの使命を「大学と社会との接続」と明言する。

先生自身が大学卒業後に旅行会社などの一般企業に勤め、40歳で大学教員になったという異色の経歴の持ち主。「民間企業と大学の両方を経験しているからこそ、わかることやできることがある」と話す。現在、北九州市立大学のキャリアセンターで学生の就職支援とキャリア教育の授業の両方を担当している。

特に興味深い取り組みとして、北九大生が作る北九大生のための合同企業説明会「JOB╳HUNTER」がある。「ほとんどの大学ではキャリアセンター、または民間企業等に外注して行われる合同説明会を学生が企画運営しています。参加企業の選定・交渉からパンフレットやサイトの作成、当日のオペレーションまで全て担う学生たちは大きく成長し、参加企業や学生の満足度も非常に高いですよ」。

また、中間市と学生が連携して、観光客が気軽に散策できる「フットパス」のコースを作り、地域活性化に一役買った。英国発のフットパスは、今後流行りそうな注目の分野だ。 今回のゼミでは、先生が日々実感する「大学生のチカラ」を紹介。学生はもちろん、大人も多くのヒントを得られる場になるだろう。

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
インタビュー

太刀山 美樹さん/自分にできることで勝負。 「来た球は打つ!」精神で 拒まずチャレンジしたい。

2014年12月22日
アヴァンティオンライン
太刀山美樹(たちやま みき)さんMIKI・ファニット 代表取締役福岡大学体育学部卒業後、フィットネスクラブへ就職。結婚を機に退職、出産。20 …
インタビュー

久保 達彦先生/生活環境を考えれば、本当の健康が見えてくる。 働くことと健康を考えてみよう。

2014年4月21日
アヴァンティオンライン
久保 達彦(くぼ たつひこ)先生産業医科大学 医学部 公衆衛生学 講師東京都出身。産業医科大学を卒業。同大学卒業後は産業医として勤務し、20 …
インタビュー

外国人人材を採用し、グローバルに展開するIT企業。/株式会社ヌーラボ

2017年3月18日
アヴァンティオンライン
プログラムと少しばかりのデザイン力があればスタートアップできる 福岡市、飲食店や美容室がひしめく大名の路地裏に本社ビルを構える『ヌーラボ』は …