インタビュー

見舘 好隆先生/国内唯一!? キャリアセンター専属の大学教員 大学と社会をつないで見えてきたものとは?

見舘 好隆先生
北九州市立大学 キャリアセンター准教授(地域創生学群専任)
1967年京都市生まれ。関西大学文学部卒業後、旅行会社とインターネットプロバイダにて人事や販売促進を15年経験し、首都大学東京、一橋大学を経て現職。専門は若年者のキャリア形成支援。経営学修士。2級キャリア・コンサルティング技能士。著書『「いっしょに働きたくなる人」の育て方』ほか。

大学生のチカラ
国内唯一!? キャリアセンター専属の大学教員大学と社会をつないで見えてきたものとは?

近年、多くの大学が学生のキャリア教育や就職支援に力を入れている。だが、学内のキャリアセンターに大学教員が「専属」でいるケースは、全国を見渡しても稀といえる。そんな珍しいポジションを担う見舘先生は、自らの使命を「大学と社会との接続」と明言する。

先生自身が大学卒業後に旅行会社などの一般企業に勤め、40歳で大学教員になったという異色の経歴の持ち主。「民間企業と大学の両方を経験しているからこそ、わかることやできることがある」と話す。現在、北九州市立大学のキャリアセンターで学生の就職支援とキャリア教育の授業の両方を担当している。

特に興味深い取り組みとして、北九大生が作る北九大生のための合同企業説明会「JOB╳HUNTER」がある。「ほとんどの大学ではキャリアセンター、または民間企業等に外注して行われる合同説明会を学生が企画運営しています。参加企業の選定・交渉からパンフレットやサイトの作成、当日のオペレーションまで全て担う学生たちは大きく成長し、参加企業や学生の満足度も非常に高いですよ」。

また、中間市と学生が連携して、観光客が気軽に散策できる「フットパス」のコースを作り、地域活性化に一役買った。英国発のフットパスは、今後流行りそうな注目の分野だ。 今回のゼミでは、先生が日々実感する「大学生のチカラ」を紹介。学生はもちろん、大人も多くのヒントを得られる場になるだろう。

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
インタビュー

滝本 隆先生/ものづくりの原点を楽しく追究し、「あったらいいな」をカタチにする!

2016年11月19日
アヴァンティオンライン
産学ロボットづくりの現在|ものづくりの原点を楽しく追究し、「あったらいいな」をカタチにする! 今月伺った北九州工業高等専門学校の滝本隆准教授 …
インタビュー

磯貝 浩久先生/トップアスリートは、メンタルも鍛えている。そのトレーニング方法とは?

2012年1月21日
アヴァンティオンライン
磯貝 浩久(いそがい ひろひさ)先生九州工業大学 情報工学研究院人間科学系 准教授 人間環境学博士1962年新潟県生まれ。九州大学大学院人間 …
インタビュー

聞間理先生/組織論にみる、これからの時代の働き方とは? 組織の変革期に必要なキャリアの積み重ね方。

2016年2月19日
アヴァンティオンライン
聞間理先生九州産業大学 経営学部産業経営学科教授2001年、横浜国立大学大学院国際開発研究科博士課程単位取得満期退学。2013年より現職。個 …
インタビュー

松永 浩一さん/新しい視点で古い資源を活かし、今に輝く魅力を伝え続ける。

2013年1月21日
アヴァンティオンライン
松永 浩一(まつなが こういち)さん『門司港アンティークカンパニー』 代表北九州市出身。大学卒業後、東京の旅行会社に就職。3年後に退職して帰 …