インタビュー

滝本 隆先生/ものづくりの原点を楽しく追究し、「あったらいいな」をカタチにする!

img1

産学ロボットづくりの現在|ものづくりの原点を楽しく追究し、「あったらいいな」をカタチにする!

今月伺った北九州工業高等専門学校の滝本隆准教授は、機械を自分の思うように動かす「制御」が専門。ドローンなどの飛行ロボットや3Dプリンターそのものなどを作る機械創造システムコースで教鞭を取る。

一方、「ロボットの可能性を追求し、自分たちがワクワクする身近なロボットを世に広めたい」と4年前に学内ベンチャーの『合同会社Next Technology』を立ち上げた。一般的にロボット作りの費 用は高いと考えられ、企画段階で断念する人も多い。しかし、センサーとモーターを組み合わせたロボットは安価に作ることもできるため、「アイデアはあっても、どうやって作ったらいいかわからない」一般人や企業と一緒に、色々なアイデアを試作し、形にしている。

ドローンなど飛行ロボット以外に、口臭をチェックする「かおりちゃん」。嘘を言うと鼻が伸びる「ピノキオ型うそ発見器」、4段階で足の臭いを嗅ぎ分け、パタッと気絶する計測犬「はなちゃん」など、ユニークな楽しさと機能性を併せもつアミューズメントロボットも世に出している。

滝本先生の夢は、さまざまなロボットの体験型アミューズメントパークを作ること。ものづくりのまち地元北九州のDNAに楽しさをプラスしたいと夢は大きい。12月のアヴァンティゼミでは、200gに満たないドローンやはなちゃんを操作体験できる。あなたも滝本先生に夢を語れば、夢をカタチにできるかもしれない。

>>2016年12月13日(金)先生の講義を聞こう!

北九州工業高等専門学校
滝本 隆先生

北九州工業高等専門学校生産デザイン工学科機械創造システムコース准教授。合同会社NextTechnology顧問。北九州工業高等専門学校専攻科制御工学専攻卒業。大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻卒業。工学博士。福岡県産業・科学技術振興財団知的クラスター創成事業研究員を経て現職。ものづくりの原点である「やってみたいことをカタチにする」を追求している。

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
インタビュー

野々村 淑子先生/教育とは、母親がするもの? それとも教師?子どもの育ちを支える社会とは。

2012年11月20日
アヴァンティオンライン
野々村 淑子(ののむら としこ)先生九州大学大学院 人間環境学研究院 教育文化史 准教授 お茶の水女子大学文教育学部卒業後、一般企業に就職。 …
インタビュー

葉室 麟さん/人の生き方にこそドラマが。 日々の営みに尊さを、挫折の中にも希望を見出す。

2014年12月22日
アヴァンティオンライン
葉室 麟(はむろ りん)さん小説家福岡県北九州市出身の時代小説家。西南学院大学卒業後、地方紙記者等を経て2005年「乾山晩愁」で歴史文学賞、 …
インタビュー

聞間理先生/組織論にみる、これからの時代の働き方とは? 組織の変革期に必要なキャリアの積み重ね方。

2016年2月19日
アヴァンティオンライン
聞間理先生九州産業大学 経営学部産業経営学科教授2001年、横浜国立大学大学院国際開発研究科博士課程単位取得満期退学。2013年より現職。個 …
インタビュー

芳賀眞理子さん/今こそ女性が活躍するとき。 ご縁と期待に感謝し、 幸せが広がるお手伝いを。

2014年11月20日
アヴァンティオンライン
芳賀眞理子(はがまりこ)さん北九州八幡ロイヤルホテル 総支配人北九州市生まれ。西南女学院中・高校、池坊短期大学卒業後、新日本製鐵株式会社に就 …