算命学

「算命学」で観る2019年の運勢・十干別(仕事運・恋愛運・金運)

  • 「2019年の私の運勢はどうかな?」
  • 「算命学で占うと、2019年の恋愛運は?」
  • 「今年一年の仕事運、恋愛運について知りたい」

この記事ではこんな疑問にお答えします。

ここでは「算命学」で観る2019年の運勢(仕事運・恋愛運・金運)を詳しくご紹介します!

2019年は「己亥」。どんな年?

2019年は算命学では「己亥(きのい・きがい・つちのとい)」の年になります。

十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)を組み合わせた「六十干支」で「己亥」になります。

ちなみに、算命学では2019年とは、2019年2月4日~2020年2月3日までを意味しています

ですので、2018年2月4日から2019年2月3日までは2018年になりまして「戊戌(ぼのいぬ・ぼじゅつ・つちのえいぬ)」になります。次の1年は「庚子(こうのね・こうし・かのえね)」になります。

算命学では「大地」を表しています。

十二支では「亥(イノシシ)」で、季節にたとえると「初冬」です。

初冬の大地ですから、徐々に冷え始めていく大地。
本格的な冬を控えて、力を貯めていく時期でもあります。

春に大きく花咲かせるために地道に蓄積していくことが、未来へとつながる一年になります。

堅実に地道に進めていくことで、将来への種まきになるのが2019年と言えます。

さて、今度は2019年の運勢を個別に観ていきます。

あなた自身の「十干(主星)」の探し方

十干の探し方
2019年の運勢を個別に観ていく上で、あなた自身の「十干(主星)」を把握しておかなければなりません。

簡単に把握するために「計算サイトで干支計算」ができますので、それを用いてください。

  1. 誕生年月を選択します
  2. 「節月」を選択します
  3. 「干支を計算」ボタンを押して、日付まで確認します
  4. 「日干支」の左側の文字を確認します

「日干支」の左側の文字は何でしたでしょうか?

そこは「十干(じっかん)」ですので、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10の要素のいずれかになります。

甲(=大樹)の人の2019年の運勢

甲のあなたの2019年の運勢は「堅実」がキーワードになります。

仕事運

仕事は地道に堅実に、コツコツと積み重ねていくことが大事です。

2019年の積み重ねには時間がかかるかと思いますが、それでもその積み重ねが長期的に価値を持ってきます。

「真面目に地道に、コツコツと」をキーワードに仕事されてください。

恋愛運

「結婚」というキーワードが出てくる1年です。
「結婚」「家庭」という言葉が特徴的。

結婚まではいかないまでも、恋愛においては重要な方とのめぐり合いが期待できます。

金運

金運に恵まれた1年になります。
堅実に貯蓄を積み立てていくことが吉。

他にも、手堅く節約してお金を貯めると同時に、住宅を買ったり、ローンを組んだりするのにもツイている1年です。

「家庭」にも恵まれますから、よりよい住環境で幸せに暮らすことができます。

乙(=草花)の人の2019年の運勢

乙のあなたの2019年の運勢は「奉仕」がキーワードになります。

仕事運

人助けをすることで、仕事に恵まれていく1年になります。
相手がよくなるように、奉仕の精神で動くと、結果としてプラスになって返ってきます。

人のためにお金を使うことが吉。

ついつい無駄遣いしてしまいがちになりますが、抑えてくださいね。

恋愛運

恋愛運はかなり恵まれています。
出会いに満ち、お付き合いをさらに深めることができます。
積極的に動くことが吉。

金運

金運は振れ幅が大きい1年になります。
支出が大きく、お金の出が激しいです。

その反面、収入も大きくなり、お金の動きが激しくなります。

その振れ幅の大きさを管理して、きちんと将来への投資にすることが未来につながる1年です。

丙(=太陽)の人の2019年の運勢

丙のあなたの2019年の運勢は「変化」がキーワードになります。

仕事運

仕事運はほどほど。
落ち込んでしまうこともありますが、そこはグッと踏ん張って。
大きな変化が訪れる可能性がありますが、そこは慎重に判断を。
じっくり内面に問いかけて、真実の声に耳を傾けてみてください。

恋愛運

恋愛運はあせりは禁物。
ついつい変化を求めがちになってしまうでしょう。

でも、本当はもっとじっくり、時間をかけて相手のことを見つめて内面を見つめてください。

あせらず、じっくり恋愛に向き合いましょう。

金運

金運もほどほど。
ついつい無駄遣いに走ってしまいそうになるでしょう。
でも、それに耐えて。

大きなお金を失ってしまうことにつながることも・・・

丁(=灯火)の人の2019年の運勢

丙のあなたの2019年の運勢は「自分らしく」がキーワードになります。

仕事運

仕事運は上々。
元気に仕事をこなして、うまくいって気分よい日々をすごせます。
自分らしく仕事をしていくと、もっとうまくいきます。

恋愛運

恋愛は自然体が吉。
よく見せようと、自分を偽って振る舞うとあとで痛い目に・・・

自分のリズムに合う運命の人とめぐり合うとラッキー。
出会いにも恵まれる1年です。

金運

金運もそれなりにいいです。
自分らしく生きることで豊かになっていきます。
楽しく、ハッピーに生きることで、結果として仕事も、お金もうまくいきます。

戊(=山岳)の人の2019年の運勢

戊のあなたの2019年の運勢は「人とのつながり」がキーワードになります。

仕事運

仕事運はよいです。
特に人間関係を広げて、社交性を発揮して新しい人と出会うことが大切。
人の輪を活かすことで、仕事もうまくいきます。

恋愛運

恋愛も色々な人との出会いが吉。
人間関係はうまくいく1年ですから、たくさんの人との出会いから、恋愛がうまくいく方向に進みます。

金運

金運はちょっといまいち。
人脈が広がっていく反面、やっぱり交際費はかかるもの。
人との出会いが増えれば、出ていくお金も増えます。

己(=大地)の人の2019年の運勢

己のあなたの2019年の運勢は「じっくりコツコツ」がキーワードになります。

仕事運

仕事の面では今年の種まきが長期的に大きな影響を与えることになります。
今年、じっくりコツコツと努力して、自分のペースで地道に進めていくことで、将来的に大きな成果につながります。
強い意志で向き合うことで、大きな可能性を手にすることができます。

恋愛運

恋愛に関しては「あなた次第」。
新しい出会いも、お付き合いのスタートも、結婚もアリ。
旅立ちのタイミングでもあります。

金運

金運はそこそこ。
ゆっくり、地道にコツコツとお金を貯めていくことで、うまくいきます。
積み重ねていくことが肝心。

庚(=鋼鉄)の人の2019年の運勢

庚のあなたの2019年の運勢は「学習」がキーワードになります。

仕事運

新しい知識や技術、資格取得などが吉。
仕事にプラスになることを学ぶことで、より仕事がうまくいくようになります。
新しく何かを習得するには絶好のタイミング。

恋愛運

恋愛運は落ち着いた1年。
大きな変化もなく、静かに落ち着いた恋愛モード。

金運

金運も上々。
仕事運との関連もありますが、新しい知識・技術・資格取得などにお金を使うと吉です。

自分磨きや学習にお金を使うことで、よい1年になります。

辛(=宝石)の人の2019年の運勢

辛のあなたの2019年の運勢は「チャレンジ」がキーワードになります。

仕事運

仕事運は「チャレンジ」が吉。
これまでとは違う、新しいことへのチャレンジ。
大胆な変革をすることで、仕事がうまくいきます。
独創的なアクションを取ってみるのもgood。

恋愛運

恋愛も変革の時。
思い切ったチャレンジをすることで、新しい良縁があったりすることも。
自由で大胆な行動が幸いする時期です。

金運

お金はちょっと出ていきがちな1年。
海外旅行なんかがオススメです。
新しい国、新しい街に訪れてみることで、運気がアップします。
芸術に触れてみるのも吉。

壬(=大海)の人の2019年の運勢

壬のあなたの2019年の運勢は「人気」がキーワードになります。

仕事運

仕事運は良好。
仕事が認められて昇進・出世・名誉が得られる1年です。
真面目に誠実なふるまいをすることで、よい評判が立ち、仕事に恵まれた1年になります。

恋愛運

恋愛運もよし。
真面目なお付き合いが幸運のポイント。
結婚を視野に入れて、長期的なお付き合いを。

金運

金運もいいです。
仕事が好調なので調子に乗ってしまいがち。
衝動買いや浪費をおさえて。

癸(=雨露)の人の2019年の運勢

癸のあなたの2019年の運勢は「身軽さ」がキーワードになります。

仕事運

仕事は積極的に行動していくことで、運気がアップします。
スピード感を持って動いていくことで、よりスピーディな展開で運が開けていきます。
行動力が重要です。

恋愛運

恋愛でも行動力が大切になってきます。
身軽さを活かして、気になる人に会いに行ってみたり、いろんな場所に行ったり。

金運

身軽に動くためにお金も出ていきがち。
どうしても仕方ないですが、行動の前にちょっと立ち止まってみて。

今年1年はスピード感のある1年になることでしょう。

■算命学については、こちらのページにまとめています。

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます