働く女性研究所

大島 永美子さん/貢献したいと思える会社だから、自ら「バリバリ働くママ」の道を選ぶ。

大島 永美子さん
ジーエムメディカル株式会社 管理部管理課 課長
大学卒業後、製造業で大手食品メーカーの営業職として就職。その後、縁あって現在の医療機器販売会社へ転職。管理部門のエキスパートとして社長の右腕として働き、3年前に課長に就任。管理職初の育児休業を取得し、2015年2月に復職。 家族profile 夫:35歳 娘:1歳

貢献したいと思える会社だから、自ら「バリバリ働くママ」の道を選ぶ。

結婚前からキャリアを積んできた大島永美子さん。人事・教育、総務・庶務社内システム…管理部門のすべてを担う会社の要。妊娠がわかったのは、既に課長職に就き4人の部下を育てているタイミング。管理職として会社初の育児休業取得者となるため、自ら道を拓く立場として気を遣うことも多かったそう。

「出産後は半年で復職しましたが、育休中もメールや電話でやり取りしていました」と、在宅勤務さながらに指揮を執っていたそう。なにしろ大島さんの復帰直後には、本社の移転、社長交代に三十周年行事という大仕事が待ち構えていたからだ。

「復帰後はあっという間に日常に戻った」と語るように、夫のサポートが彼女の支えとなっている。夫は保育園のお迎えや、寝かしつけがお手の物。「遊びにも全力投球で、娘もパパが大好き」と父娘の時間を楽しんでいる。「ぶつかりながらも話し合いを重ねないと伝わらない」と、家事・育児の夫婦分担が最近やっと定着してきたという。

「起きている娘の顔を見られない日もあるけど、まだ自分に足りないことがあるので、早く不足を埋めてこの会社のために役立ちたい」と明言する大島さんのぶれない軸は、社員のお手本になっている。

食の素材はこだわって選ぶ

自分の親の影響も大きいのですが、子どもが口にする食材は、グリーンコープの無農薬野菜を中心にこだわって選んでいます。素材によいものを使えば、味付けが薄くても食が進むようです。

ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
働く女性研究所

澤田 かおりさん/“管理職だから” と気負わずに、肩の力を抜く。部下をサポートできる、よき上司でありたい。

2015年4月20日
アヴァンティオンライン
澤田 かおりさん日本政策金融公庫 福岡西支店国民生活事業 融資第三課長1996年『日本政策金融公庫』に総合職として入庫。東京の渋谷支店に配属 …
アンケート&モニター企画

【クオカードプレゼント付き】シングル女性限定アンケート9/29まで

2017年9月27日
アヴァンティオンライン
今回はシングルの女性の方だけを対象にアンケートを実施。飲食店や旅行会社でも、シングルライフを豊かに過ごすためのプランが人気です。福岡の女性は …
アンケート&モニター企画

【終了】あなたの冷え取り体験教えてください! 「冷え」についてのアンケート

2016年12月5日
アヴァンティオンライン
みなさんは冷え性? 冬になると足先が冷えて眠れないって事はある? 情報誌アヴァンティでは2017年2月号で「ひえ」について特集を組む予定 …