インタビュー

「福岡の女性起業家たちに聞いた 私のStory」特別対談・女性起業家ホンネトーク

転機と苦難

1608_taidan03

村山 皆さんが起業されてから、転機になったことは?

佐野 出産ですね。29歳で独身で借金抱えて起業して、必死に働き、ようやくスタッフを雇い給料を払って、自分にも少しお金が残るようになった。その頃に結婚して妊娠がわかり、もちろん喜びは大きかったものの、それ以上に焦りました。社員が2人いたけれど、基本的には私自身が全てに関わって仕事をしていたのに、出産したら私が働ける時間は確実に減り、目が行き届かなくなる。起業後に出産した先輩が周りにいなくて、見通しが立たなくて不安いっぱいでした。

案の定、産後すぐに社員の1人が辞めたいと言い出し、売上もガーンと落ちて。銀行に相談したら、「出産はプライベートなことなのでお金は貸せません」と突き放されたんです。起業のときは女性起業セミナー等で力強く後押ししてくれたのに、出産に対してはこうなのかと落胆しました。結局は、ドレスの縫製を手伝ってくれていた母が、その賃金を貯めていて、それを貸してくれました。

それからはどこに行っても謝ってばかり。保育園では子どもを遅くまで預けてごめんなさい、小児科では産後すぐに保育園に預けるから病気になるのだと言われてごめんなさい…。でも、その分、私は優しくなれたと思います。それまでは何でも完璧にしないと気が済まない性格だったけど、人に頭を下げてお願いして、やってもらって、任せられるようになった。誰に対しても随分寛容になったし、何より自分自身を許せるようになった。

産後は子どものいるスタッフを積極的に採用して、子どもを職場に連れて来てもいいことにしました。大変なお母さんたちをサポートしたかったし、親が働く姿を子どもに見せるのはいいことだなと思ったので。

中原 私にとっての転機は、現場から経営に軸足を移した5年前かな。社員の成長の場をつくりたいという思いから事業拡大を決めました。それまでは私が現場で働くことで社員から信頼されていたと思います。2つめの事業所の開設に向けて経営の勉強を始めて、同時に社員教育もスタートしました。結果として今は事業所が8つに増え、社員がイキイキと働いてくれて、組織は変わっていくものだなと実感しています。

佐々木 転機というか、大きなピンチがありました。起業したとき、取締役は私を含めて4人、社員は30人ほどいたのですが、起業から半年で来月の給料が払えないかもしれないという事態に陥って…。ゲームの開発には莫大なお金と長い年月がかかるんです。例えば有名なゲームだとプロトタイプに4億円、やると決まったらさらに20億円とか。私はそれまで大手企業と仕事をしていたとはいえ、設立したばかりの会社に信用はなく、作品ができてからお金をもらうという不利な契約になってしまい、すぐにお金が回らなくなった。投資ファンドや銀行は「夫に保証人になってもらえば」とか言うけど、離婚していて頼る夫はいない。

そんなとき、東京で共に仕事をしていたIT会社の事業を一部経営統合し、ゲーム部門は全員解雇しないと投資しないと言われて、泣く泣く30人を解雇しました。その30人は別の取締役が連れてきた社員でしたが「まさか自分が人を解雇する立場になるなんて」とものすごくショックでした。今まで部下を守るマネジメントをしてきたのに、突然マイナスなことをするなんて、めちゃくちゃ辛かった。再就職先は一緒に探して、どうにかみんな無事に決まりましたが、その間にも会社で人間不信になるようなトラブルがたくさん起こり、とにかく何を誰を信じていいのかわからなくなって。それから1年は記憶が全てグレーですよ。起業してすぐ、子どもを両親に預けて週末だけ子どもに会いに行く生活をして、そこまでして頑張っていたのに、どうしたらいいんだろうと。起業から3年くらいは全然楽しくなかった。それまでは人の言うことをすぐ信じるタイプで、ふわふわ風船のように流されて生きていたけど、もう人ではなく自分のことを信じよう、自分の直感に従おうと決めました。

村山 それがまだ3年前の話ですか。

佐々木 そうですね、まだ3年前のことだけど、もう10年くらい経った感覚です(笑)。

【次のページ】みんな自信がなくて、苦労して、 だからこそ、今がある。

1 2 3 4 5 6
ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
インタビュー

吉田周未さん/喜びを地域や人につなげたい

2016年7月20日
アヴァンティオンライン
櫛田神社のほど近く、観光客が行き交う賑やかな川端通商店街の並びに事務所を構える。「もし私なら何をしてもらったら嬉しいか、それだけなんです」。吉田周未さんが進めてきた女性が働きやすい …