インタビュー

「福岡の女性起業家たちに聞いた 私のStory」特別対談・女性起業家ホンネトーク

女性がトップの会社が増えれば

1608_taidan04

村山 起業してよかったことは?

中原 いろいろあるけれど、やはり自分の人生観や社会観、世界観が変わったという意識の変化でしょうか。人生が豊かになったと感じています。私は子どもを生まないという選択をしたけれど、今は社員の人材育成に携わることができているのもよかったと思うことのひとつです。

佐野 私はお客様が満足されるドレスを作りたいという自分の思いから始めたけど、今はお客様や取引先、スタッフなどいろんな方に喜んでもらえるのがうれしい。私がやってきたことはマイナスじゃなかったんだと思えるようになりました。それに、自分の学びによって自分が高まると、物事がうまく回り始めるというのも実感しています。

佐々木 私は、自分が何もできないと思っていたけど、人や会社や私の人生は自分で作ることができるし、きちんと話せば、人は話を聞いてくれるものだとわかりました。だから今はとりあえず言ってみようと思える。それに、起業してから「キミが会社の代表だから話してるんだよ」と言ってくださる方も多くて、代表としてやってきてよかったなとしみじみ思います。記憶がグレーになったり苦労したことの方が多いですけどね。

村山 女性として仕事や経営をする上で、大変だなと思ったことはありますか?

佐野 先ほどお話した、出産後にお金を借りられなかったことですね。

佐々木 それ、本当におかしい。私は取締役をしているときに妊娠して、被雇用者ではないので産休や育休が取れなかった。出産一時金が出ただけです。会社には「働かざる者、食うべからず」と言い放つ人もいて、私が子どもを生むことが間違っているのかなと一瞬思ってしまった。

世の中の法律や仕組みは、男性に当てはめて作られています。でも今は女性がバリバリ働き、出世するようになった。もっと女性のことも意識した仕組みを整備していかなければならないと思います。「出産するんだから、仕事は無理でしょ」とか、リアルに出産や子育てを経験していない男性が勝手に判断するのはやめてほしい。

声高に訴えることはもちろん大事だけど、私はまず自分の会社から変えようと決意しました。だからテックパークを作ったし、私の会社には出社や勤務時間の縛りもありません。何でも人のせいにするのがストレスだから、自分でやろうと思うんです。

中原 私はカラオケ業で男性社会にどっぷり浸かっていたので、介護業界に入ってから、女性ってこうなのかとわかるようになりました。昨年は福岡県女性海外研修事業「女性研修の翼」に参加して、デンマークで女性問題について学びました。それまで男性にいろいろ言われるのは我慢しないといけないと思っていたけど、声を上げることが大切なのだとわかりました。男女共同参画や女性活躍について、経営者として目を見開かされました。

村山 仕事をしていて、女性として差別的な扱いを受けたことがありますか?

佐々木 私の場合、男性社会で生きていたので、うまくかわす術が身につきました。 でも、経営者になってから、きちんと距離を置いてもらえるようになったかな。ただ、「パトロンがいるでしょ」とは言われます。

佐野 それは私も言われます。

佐々木 女性というだけで、きちんと経営していないと思われるんでしょうね。雇われママみたいに見られる。私は自己資金をウン千万つぎ込んで、自分で起業したのに。

佐野 先日、大学の授業を1コマ担当させてもらったとき、大学生に家事や育児分担への意識について聞いてみました。そしたら、20歳以下の学生たちでさえ、家事や育児は女性がするものだと思っていることが判明。親がそうしているからという理由で。そういうわが家も私の負担が大きいと感じているんですけど…男性は女性の上に立ちたいものなのかしら。とはいえ、小さい頃から教えていかないと、たとえ制度が変わっても、人の意識が変わらなければ意味がない。社会全体の問題として、もっと認識が広まってほしいと思います。

佐々木 生物学的に男性は闘争的で、女性は調整能力に長けている。女性の調整のうまさは、仕事をしていく上でもとても役に立つと思います。

ただ、やっぱり私は今でも女性としての働きづらさを感じています。学校で子どもが何かしたら、すぐ学校から電話がかかってきて、「お母さんが働いているから…」という目で見られる。お母さん同士の中でも、「やっぱり母親が働いてるからね」ととらえる雰囲気があります。テックパークを通して、お母さんが働くことに罪の意識を持ってしまうという現状を、私は変えたいんです。 「女性の社会進出」という言葉があるけれど、そもそもこの世に生まれてきたときから、誰でも社会に進出しているわけで、要は、働く男性の社会に女性が来たという話ですよね。多様性という観点が重要。では、どうすればいいか。私は、きちんと組織を持って社員教育をして、世界を変えると意気込む女性経営者が増えて、その人たちの取り組みが広がっていくことが重要だと思います。女性がトップにいる会社は、細かいところまで気配りが行き届き、愛があふれているように感じます。女性のトップがもっともっと増えてほしいですね。

【次のページ】今後の抱負

1 2 3 4 5 6
ABOUT ME
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部
アヴァンティ編集部です。 働く女性を応援するお役立ち情報をたくさん提供していきます!
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます
インタビュー

太刀山 美樹さん/自分にできることで勝負。 「来た球は打つ!」精神で 拒まずチャレンジしたい。

2014年12月22日
アヴァンティオンライン
太刀山美樹(たちやま みき)さんMIKI・ファニット 代表取締役福岡大学体育学部卒業後、フィットネスクラブへ就職。結婚を機に退職、出産。20 …
インタビュー

岡部 八郎さん/気取らない表現スタイルが “おかはち”流。 記憶に残るのは、シンプルな “言葉”。

2012年6月20日
アヴァンティオンライン
岡部 八郎(おかべ はちろう)さんウクレレラジオDJ福岡市出身。高校の頃からギターを始める。20代で広告プロダクション『P&C』入社 …
2018年注目のPEOPLE

税務・労務に強い経営コンサルティング。 地元の企業を支え、北九州を盛り上げたい。佐々木大さん

2018年1月29日
アヴァンティオンライン
株式会社佐々木総研 代表取締役社長/税理士 佐々木 大(ささき はじめ)さん1979年北九州市生まれ。大学卒業後、システムエンジニアとし …